投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


洞慶院門前の、お蕎麦屋

 投稿者:じろ  投稿日:2018年12月12日(水)22時10分10秒
  そういえば先日
巡るリアート静岡で中勘助記念館に向かう途中
美味しいお蕎麦が食べたくなって検索したら
門前の、文殊庵 なるお店が紹介。

自然薯のお蕎麦が美味しかった。

次の日に実家に帰る予定があり
土産にと生蕎麦を4人前頼むー

これがまた実に美味しかった。
実家で兄が、磯自慢の大吟醸が手に入ったからと、
刺身も用意するからという事で

このお蕎麦と生わさびを持参

日本酒の後の、〆のお蕎麦には最高だった。

結局、洞慶院への参拝は欠礼したが、昔
梅を見に来たと妻が言っていた
 

洞慶院での学習会

 投稿者:増田勇  投稿日:2018年12月 9日(日)13時55分16秒
   昨日の(8日)夕方のテレビで洞慶院の紅葉をやった。テレビ映りはまだきれいで、今日、弁当を持って自転車で行った。やく1時間。やはり紅葉には遅かった。でもきれいだった。
 ずっと前全逓労組地区本部主催で洞慶院で学習会をやったことがある。その時の写真がある。そういう時代もあった。時は流れる。がん保険の積み増しの案内が良く来る。八幡神社の横の、保険代理人だった人の時代から掛け続けている。積み増しで1万円は無理だ。

 紅葉・黄葉庭に敷きつめ洞慶院    勇
 

中国から贈りものが届いた

 投稿者:増田勇  投稿日:2018年12月 4日(火)19時52分12秒
編集済
   駿河区も今日(4日)は暑いくらいだった。長袖下着一枚で終日家にいた。2日に歴史がらみの集会があった。参加者は少なかった。内容は濃かった。
 集会の前の日(12月1日)、散歩の帰り、いつもの古本屋に寄った。ちょうど小便が出たくなって、ゆっくり本を探していれなく、どれでもいいと思って、マルローの『征服者』(新潮文庫・定価160円、売価100円)を買った。
 昨日、この本を読み始めた。2日の歴史の集会の絡みのある中国の清末の混乱期が、小説の舞台になっている。けっこう興味のある内容の小説で、眠気が出なくて、珍しく夜10時まで読んだ。あと一日かかりそうだった。次の日、つまり今日。夕方に読み終えた。
 中国からの贈り物は、午前中に届いた。11月28日の発送で今日(4日)届いたのだ。すぐ包みを開け、乾燥果物類を食べ、すぐ電話した。送り主も「早かったネ」と言っていた。
 中国の現代史、つまりマルローの小説は、つい100年前の情景なのであった。内容は厳しいが、懐かしさがあった。充実のいい二日間だった。それでご褒美に、今日も少しお酒を飲んだ。『征服者』の舞台は、死が日常だが、いま僕としてもう少し、呆けないで生きたい。
 

芋食って大きく育って七十歳

 投稿者:増田勇  投稿日:2018年11月27日(火)19時23分7秒
編集済
  表題の「芋食って・・」の句は私の句だが、今75歳で、五年前の句?きょう、すこし飲んでこれを書いているから、勘違いかもしれない。今日は暖かかった。自転車の散歩でも汗をかいた。
 芋が、旨い。何を作っても芋が旨い。無理に芋を食べて育ったのに、いま、芋が旨い。
 「芋食って・・」の句最後が七十歳、でなく「七十四」だったか。

 労文句誌優秀句

 農道にかかし祭りの案山子かな    勇

 競いあう晴れ着姿の案山子かな    勇

 稲黄金たった一人の案山子かな    勇
 

市内繁華街でのビラ配り

 投稿者:増田勇  投稿日:2018年11月25日(日)10時46分55秒
編集済
   昨日(24日)午後、青葉公園横の繁華街で4人でビラ配りをした。ビラの内容は、12月2日の集会案内と『資本論』学習会の案内でした。ビラの内容はともかく、ビラを受け取ってくれる人は少ない。今、NETの時代で、ビラの時代ではない。ほかに手段がないのです。社会の様々な縮図をビラ配りは思います。知った人が通って「なんだね」と、声をかけてくれた。「後を次ぐ人が出てこないから、75歳になってもこんなことを」と答えたが、事実、体にはきつくなっている。
 今日はいい天気になった。午後、紅葉を見に行こうと思っているが、どこがいいか。自転車で行ける範囲だ。先日出かけたとこで、お茶の花がいっぱい咲いている茶畑があった。。お茶の実を拾って、売って小遣いにした子供のころが、思い起された。

 繁華街ビラ配る人受け取らぬ人     勇
 

1月 3月 4月 5月は

 投稿者:じろ  投稿日:2018年11月22日(木)11時19分53秒
  1月は、英君の いろは に水仙
3月は チューリップ
5月の カラー
これらは以前の作品で、
4月は、桜にしたいが、この モクレンが完成形。
私のパターンが固定されている。
 

ポストカード、6月 7月 8月

 投稿者:じろ  投稿日:2018年11月21日(水)00時22分45秒
  6月  さくらんぼ
7月  アザミ
8月  ホウヅキ
 

11月のポストカードは、

 投稿者:じろ  投稿日:2018年11月20日(火)10時25分11秒
  我が家の狭い前庭に、ホトトギスという山野草を植え
晩秋にかけて紫のつぼみをつける。
なんともいえない形状で
今年、やっと絵にした。
ボジョレー解禁を待ってハガキにした。
このところ
ゆう窓ロビーで無料で自作のポストカードを持ち帰ってもらっている。

しかしなぜか、これは残っている。
一年分を揃える予定です、来年までに
 

勇ちゃん

 投稿者:のりちゃん 代筆 じろ  投稿日:2018年11月18日(日)20時10分42秒
  お墓は守ります  

市内・臨済寺

 投稿者:増田勇  投稿日:2018年11月12日(月)09時37分37秒
   昨日午後(11日)自転車の散歩は、とくに目標がなく、静岡市内をグルグル廻っていた。静岡市に住んで長くなる。どこへ行こうか、という場所もない。着いたところは臨済寺だった。墓が、寺の裏山の中腹まで立ち並んでいる。登ってみた。
 僕は、墓を造ってくれなくてもいい、と思っている。葬儀もいらないが、近所付き合いがあって、あとに残る人次第だ。墓に住むのは、窮屈な気がする。

 小春日の散歩のついでの臨済寺    勇
 

/66