teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: TOEIC

 投稿者:メルク  投稿日:2017年 5月29日(月)00時08分58秒
  20年前とはいえ、720点とはすごいですね。
私は、最高で630点です。
(ちなみに最近のTOEICは出題傾向が若干変わりました。)
玉川さんも、今、結構な量の外国文献を読まれていると思うので、力試しにチャレンジしてみてはどうですか?
 
 

哲学

 投稿者:シャケ  投稿日:2017年 5月28日(日)19時11分23秒
  ありがとうございます。池尾健一氏は信大の学長だったみたいですね。ニーチェの訳もありました。
田中一氏には時代の流れを感じました。
三木清「哲学ノート」は僕も拾い読みしたことがあるのですが、正直あまりピンと来なかったですね。
僕は残り時間を意識し始めてから「人生の意味」を探したくなってきました。まだまだ未熟で悟れません。
 

Re: TOEIC

 投稿者:玉川  投稿日:2017年 5月28日(日)18時30分7秒
  20年ぐらい前に海外出張に行った時がピークで720点でした。
英語で話す機会がないと、TOEICの点数は下がります。
最近はTOEICを受験する機会がありませんが、600~650点前後かと思います。
メルクさんは何点ですか?
 

TOEIC

 投稿者:メルク  投稿日:2017年 5月28日(日)16時10分27秒
  玉川さんはTOEIC何点くらいなんですか?
最近、外国語文献調査も多くされているようですが。
 

Re: 松屋の七味

 投稿者:玉川  投稿日:2017年 5月28日(日)08時09分50秒
  忘れているのではなくて、プレミアム牛皿に焙煎七味を付けるという教育を受けていないものと思います。
カウンターに普通の七味が置かれているので、それをかけて食べています。
 

松屋の七味

 投稿者:奥井  投稿日:2017年 5月27日(土)21時03分7秒
  松屋の七味ですが、店員さんへ七味をいただけますかと伝えてみてはいかがですか。
きっと忙しくて忘れているんだと思います。
 

Re: 哲学

 投稿者:玉川  投稿日:2017年 5月27日(土)15時28分52秒
  本棚に下記の文庫本が並んでいました。
「哲学のあゆみ 上・下」 池尾健一著
「自然の哲学 上・下」 田中一著
「哲学ノート」 三木清著
大学の教養部時代に哲学の講義があって、池田健一先生の「哲学のあゆみ」を読まされました。
これは文系向けの書籍で、私には難しすぎました。
「自然の哲学」は理系向けの書籍で、絵などが挿入されていて、比較的取っ付きやすいものでした。
社会人になってからは哲学とは無縁の生活を続けています。
 

哲学

 投稿者:シャケ  投稿日:2017年 5月27日(土)13時32分53秒
  過去、哲学的なものに興味を持ったことがありますか?
もっと広く、哲学、思想、宗教、スピリチュアルなどの抽象的なものでも構いません。
世界観(世界はどうなっているのか?)や人生観(どう生きるべきか?)や自己(アイデンティティや性格などの心理的なもの)など。
あるいは、数学や物理(宇宙や素粒子)や文学的なものでもいいのですが、そういったやや日常生活から離れた抽象的・理論的なものに、過去に興味を持ったことがあったら、頭に浮かぶキーワードなどを教えてもらえませんか?
 

読書

 投稿者:シャケ  投稿日:2017年 5月21日(日)15時15分50秒
  ありがとうございます。学生時代の本はシリアスな感じがしますね。
ヘルマンヘッセの本は、吾輩も高校時代に水色のカバーの文庫を数冊買ったのですが、読んだのかどうか、今では内容も何一つ思い出せません。
玉川さんは料理の気配があまり感じられないのに、料理関係の本への興味は不思議な気がします。
本を増やしたくないのは吾輩も同じで、近年は図書館から借りた本ばかり。あとはネットのオーディオブックを聞きかじったりしています。
 

Re: 読書

 投稿者:玉川  投稿日:2017年 5月20日(土)17時37分59秒
  本棚に並んでいるのは、学生時代に読んだ文庫本です。
北杜夫、伊藤整、西丸震哉、トーマス・マン、ヘルマン・ヘッセなどが並んでいます。
信州大学の教養部時代に松本キャンパスで寮生活をしていましたので、北杜夫の
「どくとるマンボウ青春記」は何度も読み返しました。
その他はだいたい1回読んで終わりですね。読み返すことはほとんどありません。
特にトーマス・マンの「魔の山」は読み返す気力が起きません。
会社に勤めるようになってから読んでいるジャンルは、江戸関係、料理関係、忍者関係です。
本棚に入りきらないので、床に山積みになっています。
先日、エアコンと照明の工事をした際に、山積みになっていた本を大量に処分しました。
毎週の日曜日は上野から神保町へ散歩に出かけているのですが、以前は毎週通っていた
三省堂本店に、今年はまだ入っていません。
お腹の調子が悪いのと、本を増やしたくないという理由からです。
乱視が進んで本を読むのが辛くなってきたということも理由の一つかと思います。
 

レンタル掲示板
/51