teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


としひこへ

 投稿者:みとん  投稿日:2011年 8月18日(木)19時49分0秒 w0109-49-135-52-241.uqwimax.jp
返信・引用
  オカマになるなんて逃げです やめて  
 

人妻専門テレフォンセックス

 投稿者:ようこメール  投稿日:2010年 4月20日(火)02時47分29秒 nttkyo862086.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  人妻専門テレフォンセックスは欲求不満な人妻が男漁りに夢中♪
http://hp.did.ne.jp/madampotal/

無料ポイントでかなり遊べる!!

淫乱なリアル希望者多数!!

http://hp.did.ne.jp/madampotal/

 

よ!元気っすか?

 投稿者:蟹山久オンライン  投稿日:2009年 6月21日(日)11時06分54秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  来週からまら成宗の方に出張だから会いたいね。おもて君も鬱病みたいだけど欝は甘えなんだよ。気長に頑張ってくれ!!俺は元気だから気にしないでね。阿佐ヶ谷のはなまるで喰ってたら声かけてくれよな。  

おもてさんお元気でしょうかね?

 投稿者:蟹山久再び  投稿日:2009年 5月 9日(土)11時22分26秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  心配になってココ覗きに来ましたがお元気でしょうか?西荻の沖縄料理店に明日行きますのでお暇なら来て下さいね。  

(無題)

 投稿者:ごんた  投稿日:2009年 1月25日(日)15時03分34秒 softbank220063247017.bbtec.net
返信・引用
  なんじゃもんじゃ^^おまんさあ^^  

お久しぶり!!

 投稿者:蟹山久  投稿日:2008年11月23日(日)10時15分1秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  表君お元気でしょうか?体の調子は如何でしょうか?心配しています。お元気になって下さいね。  

御久しぶり鰤

 投稿者:蟹山久  投稿日:2008年 9月28日(日)10時41分47秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  元気かね?おもてくん。私は相変わらずホームレスしれるよ。もうすぐ西荻の知人の所で居候するから遊びにいくよ。  

(無題)

 投稿者:蟹山久アゲイン  投稿日:2008年 8月16日(土)10時44分11秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  オッハ~!!!  

はじめまして!

 投稿者:西荻住民  投稿日:2008年 8月11日(月)21時03分10秒 210.131.5.205
返信・引用
  サブカルですなぁ  

表君

 投稿者:蟹山幸雄  投稿日:2008年 8月10日(日)15時04分46秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  元気だぜ!!岐阜の玉井くんも元気か?  

オレは元気だよ。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2008年 7月31日(木)04時43分23秒 KD124212172126.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  お前はどうなんだよ?蟹山幸次郎田中電信電話蟹山久IN宗成くんよ。こんなけいじばん、もう誰も見てねえよ(笑)。オレもかなり久しぶりに見たわ。  

(無題)

 投稿者:蟹山幸次郎  投稿日:2008年 7月27日(日)11時11分39秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  表君元気かい?  

狼脚本ダウンロード・サイト「SHOCK FREE」本日オープン!

 投稿者:メール  投稿日:2008年 7月 6日(日)12時44分32秒 p623855.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  いつもお世話になっております。
監督から脚本家に転向した、狼です。

この度、狼の脚本ダウンロードサイト、
題して「SHOCKFREE」がオープンしました!
狼の全作品がPDFで閲覧可能です!
狼最新作「暴れておっ死ね 第三部~第四部」もアップされております!
是非、ご覧下さい!

今後は脚本を書き、完成したら「SHOCK FREE」にて公開していきます。
年一本くらいのペースで書いていこうと思っています。
皆様、「SHOCK FREE」を末永く、宜しくお願いいたします!

http://www.shockfree.org

 

(無題)

 投稿者:田中電信電話  投稿日:2008年 6月15日(日)11時17分41秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  おもてさんお元気でしょうか?成宗離れて早三年。久しぶりに成宗に伺いたいんですが如何でしょうか?またのお返事お待ちしております。  

おもてはん

 投稿者:蟹山久  投稿日:2008年 5月14日(水)11時14分48秒 d85.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  元気してまっか?阿佐ヶ谷のはなまるでご馳走しまっせ。  

えらい閑散としてまんな

 投稿者:蟹山久  投稿日:2008年 5月10日(土)16時12分26秒 d86.ImieFL1.vectant.ne.jp
返信・引用
  おもてはんどないしたんでっか?  

Re: あけまして

 投稿者:おもてとしひこメール  投稿日:2008年 1月 8日(火)00時12分30秒 pae05d2.tokyte00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  > No.316[元記事へ]

蟹山久IN宗成さんへのお返事です。

こちらこそ、今年もよろしく!!!!!!

> 今年も宜しくお願いしますね!!!!!
 

あけまして

 投稿者:蟹山久IN宗成  投稿日:2008年 1月 7日(月)18時29分44秒 p6064-ipbffx02marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  今年も宜しくお願いしますね!!!!!  

「あいのえいが」

 投稿者:宮野真一メール  投稿日:2007年 1月 9日(火)00時06分11秒 tcatgi086166.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  遅くなりましたが、あけまして。
今日は告知に来ました。

おかしな監督映画祭4

■2007年1月27日(土)14:00~ 18:00~
■料金:1000円
■会場:調布グリーンホール小ホールにて
■主演女優:里見瑤子/水原香菜恵/間宮結

参加監督
 ●暴霊の橋  若林立夫監督
 ●blue  世志男監督
 ●あいのえいが  宮野真一監督
 ●エンザイ  福島拓哉監督
 ●Walking Home  森山茂雄監督
 ●手の鳴るほうへ  今村 洋平監督
 ●おうちへかえろう  マイト和彦監督
 ●とらわれの華  高橋 美季監督
 ●東京DAYS  前田 万吉監督
 ●crisper  今泉 力哉監督
 ●DOLL  RANKO監督
 ●セイケン  前田広治監督
 ●回転実験  荒木憲司監督
 ●影の中の人達  磯 英弥監督
 ●楽 苑  豊永伸一郎監督

よろしくお願いします。

http://homepage1.nifty.com/CHIMY/

 

ごぶさたです

 投稿者:関西のおかん  投稿日:2006年12月 1日(金)12時26分27秒 p3029-ipbffx01daianji.nara.ocn.ne.jp
返信・引用
  なんやかんやありつつもしっかり復活されたみたいですね。
おかんはもうむちゃへこみの日々を送ってます。
もう死にたいわという表現はあかんな。
無責任やけど今すべてのこと放り出して消えてしまいたいで・・・
しかしおもてさんとみとんも毎日いろんなことありつつもがんばってるんやんなあ
ふたりで生きてるって感じするわあ
私はそういう戦友みたいなのがいやへんからひとりでかかえてやなあかんねん
二人がうらやましいわ。だれがなんというてもその戦友大事にせなあかんよ。
 
    (管理人) ありがとうございます。なんやかんやあっても愛し合って日々乗り切っております。  

(無題)

 投稿者:待機  投稿日:2006年11月18日(土)13時12分44秒 softbank218143136048.bbtec.net
返信・引用
  第3回『東京おもとんランド』、どんな様子だったでしょうか。アップしていただけると嬉しいです。ではまたー  
    (管理人) しばらくお待ちください。  

第3回『東京おもとんランド』、2006/11/11(土)に開催

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2006年10月18日(水)09時10分48秒 pfa512b.tokyte00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  第3回『東京おもとんランド』、2006/11/11(土)に開催

午後3時・JR中央線&地下鉄丸の内線・荻窪駅にて待ち合わせ(予定)
午後3時半スタート(予定)
午後9時半頃ライブイベント終了(予定)
午後9時半過ぎより11時半まで宴会(予定)・朝まで、お泊りもOKです。

2006年11月11日(土)の午後3時半(予定)より、東京都杉並区南阿佐ヶ谷の「成宗フランス座」(自宅アパート)で食事(ライブ終了後・夜のみ)・酒・ドリンク・スナック菓子・軽食(ライブ中)&自主映画上映&コスプレメイド(いじりみちよ)付きの「エロと映像のお笑い!?ライブ王国『東京おもとんランド』」の第3回を開催いたします。

完全予約制で、 定員は12名様とさせていただきます。 料金は、ライブ(&上映)後の食事・酒・ドリンク&ライブ中のドリンク・軽食・スナック菓子(&自主映画上映&コスプレメイド)モロモロの代金すべて込みで、2000円です。

↓内容、詳細、お問い合わせ、ご予約は、下記HPをご覧ください。

【エロと映像のお笑い!?ライブ王国『東京おもとんランド』】
↓『東京おもとんランド』HP
http://omotons.hp.infoseek.co.jp/omotonland.html
↓過去の『東京おもとんランド』ライブ映像ダイジェスト
http://omoton.cocolog-nifty.com/blog/
 

作品観てください♪

 投稿者:月映・観るコミックメール  投稿日:2006年 7月 5日(水)21時06分28秒 i60-41-154-210.s02.a014.ap.plala.or.jp
返信・引用
  管理人様、突然の書き込み、失礼致します。

「月映・観るコミック」と申します。

完全無料で、携帯から、PC・パソコンで作品が観られるので

ぜひ♪サイトに遊びに来てください☆

http://www.getsuei.com/


(管理人様、書き込みが不適切でしたら、
お手数ですが、削除をお願い致します。
申し訳ありません)

http://www.getsuei.com/

 

お久しぶりです。

 投稿者:tomo  投稿日:2006年 4月21日(金)23時42分21秒 p3047-ipad214souka.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  一月に初めてこちらにお邪魔して以来、御無沙汰しておりました。
ぼくが三上さんから誘われた仕事がカタチになって動き始めています。
ログインしなければ全ては見れないのですが、ぜひ見ていただけたら幸いです。
URLは下記の通りです。
http://www.the-commons.jp/

http://sea.ap.teacup.com/tomonews/

 
    (おもてとしひこ) tomoさんへ

どうも、おもてです。これでしたか。三上がヴァイオリニストの
ドキュメンタリーを終えた後にやるはずだった『ざ・こもんず』
。三上のお父さんから伺いましたが、三上が亡くなった日の翌日
がこの『ざ・こもんず』のスタッフが本格的に召集されて会議す
る日だったと…。それを思うと残念でなりません。さぞかし、
三上も無念だったことだと思います。是非とも、三上の遺志を
継いでやっていってくださいませ。

それにしても『ざ・こもんず』、ものすごいボリュームですね。
これだけの人たちの発言を同じ所で読める、見れる、聴けると
いうのは画期的だし、素晴らしいですね。それでは、また。
 

HP復活頑張って下さい。

 投稿者:K2  投稿日:2006年 4月 6日(木)22時39分26秒 softbank220015050019.bbtec.net
返信・引用
  先日書き込みしたK2です。HPだんだんと復活してますね。みとんさんのクンフー姿久しぶりに観れてうれしかったです!(妻のお気に入りです。)完全復活楽しみにしてますよ。写メール日記もいつも楽しみにしてます。写メール日記観てると、おもてさんといじりさんが不思議に友達のように思えてきます。「新東男京女」の編集も頑張って下さい!  
    (おもて&みとん) どうもありがとうございます。
みとんのクンフー姿がお気に入りの奥さんって…
是非お会いしてみたいですねぇ~(笑)。
 

告知させてください!

 投稿者:河野和男  投稿日:2006年 4月 2日(日)12時31分31秒 p8070-ipad410marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  おもてさん、いじりさん、いつも写メール日記面白く拝見しています。
いずれは京都に行かれるって本当ですか?
こちらは寂しいですけど、WEBだとどこにいても見られるのでそれはそれで楽しみです。
映画のほうも少しずつでも進むといいですね。

さて、少しこの場を借りて告知させてください。
自主制作映画の上映会です。
「夜明けまで」1年間の時の流れの中で登場する4人の男女それぞれの成長を描いた長編青春映画です。野球で言えば内角高めストレート勝負みたいな映画です。2005年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭入選後の初作品になります。4月中、東京・中野区のなかのZEROホールで不定期に上映しています。
上映日時などの詳細は作品公式サイトをご覧下さい。http://www.geocities.jp/yoakemade_to_dawn/index.html
監督の公式サイトはこちら
http://www33.ocn.ne.jp/~peaceman/
です。ご来場お待ちしています。

http://www33.ocn.ne.jp/~peaceman/

 
    (おもてとしひこ) 河野さんへ
どうも、おもてです。京都移住は、まだ未定です(笑)。
少なくともまだあと2年は東京にいると思いますよ。
映画『夜明けまで』は、面白かったですね。単純に面白かったと
言うだけでは済まされないような、一言では語りきれないほどに
素晴らしい映画でした。傑作です。この傑作という言葉の意味、
幅を広げてしまうような映画でした。
そう、『夜明けまで』の2時間23分のリズムとテンポは、
正に「野球」そのものでしたね。しかも、それはプロ野球の
リーグ戦ではなく、3対3でもつれこんだ日本シリーズの最終戦
とか、こないだのWBCのようなトーナメント戦の野球の試合の
リズムとテンポでしたね。『夜明けまで』、私は劇場での公開を
是非ともオススメしたいです。
 

はじめまして

 投稿者:関西のおかん  投稿日:2006年 2月22日(水)12時58分46秒 218-228-197-89.eonet.ne.jp
返信・引用
  もう、びっくりしました!
毎回楽しみにのぞきにきてたのに、なくなってて・・・
どうなったのか心配してました。やっと掲示板にたどりつけたので思い切って書き込みしました。
ふたりががんばってる限りおかんも応援します!復活の日を心待ちにしておりますよ!
 
    (おもて&みとん) 関西のおかんさんへ

どうも、書き込みありがとうございます。HTMLのページの
ほとんどが削除されてしまいまして…。しばらく凹んでました
が、近日中に復活させます。データは全部手元にあるんですけ
ど、闇雲に画像とかをUPしてたもんで、思いの他ちゃんと
復活するのに時間がかかるもんで…ついつい面倒で先延ばしに
しちゃってました…。復活させたら、、またこのけいじばんに
URLを書き込みますので。
 

はじめまして

 投稿者:K2  投稿日:2006年 2月 8日(水)23時53分12秒 softbank220015050019.bbtec.net
返信・引用
  おもて&みとんさん、HP削除されてビックリしました。ショックでした。いつも妻と二人で楽しみにしていたのに。喜びも悲しみも怒りも全てリアルで飾ることの無いお二人に惹かれてます。僕はおもてさんと同い年で、みとんさんと同じ関西人というのもあって、身近な存在に感じています。HP必ず復活させて下さい。おもとんランドにも行ってみたいし、配信映像もまた観たいので。(中でも、お二人でプールに行く配信映像が気に入ってます。)みとんさんが主演された「ヒトリノココロ」も機会があれば観たいです。「新東男京女」楽しみにしています。編集頑張って下さい。二人で応援してます。  
    (おもて&みとん) K2さん、ありがとうございます。本当に励みになります。
何度削除されようとも、私とみとんは、HPをやり続けます。
書き込み、本当にありがとうございました。
 

今回、HPを削除させた人物は、

 投稿者:おもとん(おもて&みとん)  投稿日:2006年 2月 8日(水)10時40分50秒 softbank219188123191.bbtec.net
返信・引用
  かなり身近な人物です。しかも、かなり意外な人物。意外と言うか、「オマエか!!」と私やみとんが思う人物。一見、味方のようなフリをしている人物。些細な事でも自分が許せないと思ったら、姑息な手段で復讐しないではいられない人物。もう特定できてるよ。  

またしてもHPが削除されました・・・。

 投稿者:おもとん(おもて&みとん)  投稿日:2006年 2月 7日(火)09時17分28秒 softbank219188123191.bbtec.net
返信・引用
  2004年3月にinfoseekに削除されて以来です。2004年3月の時は、削除されても仕方が無いと思える理由(原因)がひとつ明確にありました。「とあるネットストーカー的なヤフー・メッセンジャーでのなりすまし行為常習犯であり、WORMを意図的に私のPCのメルアドと携帯電話のメルアドの両方に送りつけてきた(と思われる)男」に対する抗議行動として、その男の顔写真(本人から送ってきたもの)と住所と電話番号をHP上で公開したのです。それを本人かもしくは誰か他の人がinfoseekに通報して、infoseekによって削除されたんだと思っています。

しかし今回は正直、一体なぜ削除されたのか…明確な理由(原因)を特定できません。まあしかし…この2年間、いろんな複数の人たちから、恨まれ、憎まれ、怒りを買うような発言や行為を私がしてきたことは間違いありませんから、仕方が無いのかもしれませんね…。バカ正直に何でもけいじばんやメールで書き、言いすぎるんでしょうね…。よもや妬まれる(?)ようなことはまずないだろう…と私はずっと思って今までやってきたのですが…それももしかしたら理由(原因)のひとつとして、あるのかもしれませんね…。

もう正直、腹が立つと言うよりも、ひたすら空しくなりますね…。

しかし、私はあきらめない。またHPを復活させて続けますよ。私はそう簡単にはあきらめないんで。2chにスレッド立てられてしょうもない書き込みをけいじばんにされようが、HPを削除されようが、そんなことではめげない。
 

森川さんの復活を気長に待ってるよ。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2006年 1月31日(火)13時19分55秒 softbank219188120077.bbtec.net
返信・引用
  だから焦らないで、ちゃんとしっかりと療養してくださいよ。人生には必ず、どうしょうもなくキツイ時期が何度かあるからね。オレにもそういう時期があった。重要なのはそれをどう乗り越えるかだと思うよ。オレだって、まだ完全に乗り越えられたわけじゃないけどね…。一生背負っていかなければならないかもしれないからね…自分自身の心の中の問題は…。でも、それをわかった上でちゃんと認知した上で、生きていかなければならない。

そして、何があっても、どんなキツイ状況であっても、生きて生きて生き続ける、ということ。

それを昨年突然亡くなった高校時代の友人でビデオ・ジャーナリストであり、TVディレクターであった故・三上済から改めて教えてもらいました。

森川さんはまだ生きている。生きていれば、いつか何とかなる。だから、とにかく今はまず、自分自身ととことん向き合って、療養してください。もちろん、シナリオを書くことが療養になるのであれば、どんどん書いた方がいい。ただ一言、焦ってはいけない。

このけいじばんには、何でもバンバン書いていっていいよ。森川さんは特別扱いだから(笑)。それは単に友情だけでなく、森川健太朗という映画作家、映画監督を愛して止まないからです。
 

微妙に酔っ払ってるんで

 投稿者:狼(オオカミ)メール  投稿日:2006年 1月31日(火)05時35分54秒 p84d087.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  ガンガン書き込みますか。何を書けばいいんだろ。そうだ、「東男京女」はどうなんですか?編集、進んでいますか?あれの編集って凄いですよね?テ-プチェックだけで、何ヶ月単位ですよね?撮影しながらどこを使うか考えていないとしたら・・・凄い事になりますよね?恐らく、おもてさんの性格からして考えていないような・・・(笑)。

でも、楽しみにしてます。編集、頑張ってくださいね。ではでは。
 

12の眼

 投稿者:狼(オオカミ)メール  投稿日:2006年 1月31日(火)05時24分52秒 p84d087.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  の事を考えるとムシャクシャして・・・。あそこ目茶目茶ですよ、本当。暴露話ですが、この数年、何で自分があの集団を引き受けているのかというと、それは主催者に憧れているからとか、自主映画が好きだからとかではなく、無理やり押し付けられてるだけなんですよ。何で押し付けられるかというと、安値でコキ使える人材が「私」だからなだけで、本当、災難もいいところです(まあ、わかっていながら、一生懸命やってしまう私も私なんですが)。

ようやっと辞めれた!と思うと、「何々を始めるから手伝ってくれないか?」みたいな。断ると「12の眼通信」で「森川が担当です」みたいの発送されちゃいますし。後日、「お前がやりたいと言うから、やらせてやったんだ」と。

何で金にもならない自主映画の支援を俺がしなかやならないんだ?と、葛藤しながらいっつも作業している訳です。でも、今度ばかりは辞めます。ガンとして譲らないつもりでいます。まあ「12の眼」の愚痴をここに書いても仕方ないんですが・・・。ちょっとムシャクシャしたもので。ではでは。
 

色々あって

 投稿者:狼(オオカミ)メール  投稿日:2006年 1月31日(火)05時14分18秒 p84d087.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  相変わらず、熱気のある掲示板ですね。する事もないので、久しぶりのオオカミです。この一年、色々あり過ぎてどっと疲れました。正に厄年でした。まあ、今後の人生設計を練るいい機会ではありましたが。願わくば、今後は自主映画をシコシコ作って「12の眼」とは一生、関わらないつもりでいます(あそこに関わるとロクな事にならないので)。

最近、面白い映画ありましたか?自分は相変わらず「24」にはまっています。あと「ミリオンダラ-ベイビ-」がすっごく良かったなあ。おもてさん&いじりさん、暇な時にでも飲みましょう。ではでは。
 

コメントありがとうございます

 投稿者:tomo  投稿日:2006年 1月21日(土)23時02分16秒 p7159-ipad206souka.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  おもてさんへ。

ブログへのお越しありがとうございました。
ぼくのブログのコメント欄でも書きましたが、三上さんとお会いしたのはタハラ・インタラクティブという田原総一郎氏を撮影し、そのコメントや行動を動画で配信するプロジェクトを紹介されたからです。なので僕自身、まだ三上さんと知り合って日が浅いのですが、何度かお会いするうちに、まだ駆け出しのぼくにとって師匠、または良い兄貴分的な存在だなぁとの印象がありました。

おもてさんの映画の上映が行われるときは、ぜひ教えてください。

http://sea.ap.teacup.com/tomonews/

 
    (おもてとしひこ) 今度、29日午後6時から、三上済の遺作を内輪の上映会で上映します。
もしお越しいただけるようなら、私のメルアドにメールくださいませ。
omochin0@infoseek.jpです。
 

「ひとりの無名なジャーナリストの戦場での壮絶な戦死」

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2006年 1月19日(木)10時12分7秒 softbank219188123191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  tomoさんへ。

どうもはじめまして。おもてとしひこと申します。書き込んでいただき、ありがとうございました。三上と私は、高校の同級生でした。正直言うと、私は彼のキャリアの詳細については、ほとんど知らないに等しいんです…。どこでどんな仕事をしているのか程度のことを本人や同級生の友人からの情報を通じて、多少知っているぐらいだけでしたから…。でも、たったそれだけの関係であった私でも、やはり三上の突然の死はあまりにも唐突で、あまりにも衝撃でした。彼が高校の同級生であるということ、そして彼の死の2ヶ月前に高校の同窓会で10年ぶりぐらいで久しぶりに本人に会っていたというのもあるかもしれませんが…やはり活動する場所がまったく違うとは言え、私も同じ映像に携わる人間であるゆえに、というのが一番大きいかもしれません。私の場合は、自主制作の映画ですから、彼の仕事の大変さとは比べ物になりませんけれど…。

三上済のこの突然の死…まさにtomoさんの言われる通り、これは「ひとりの無名なジャーナリストの戦場での壮絶な戦死」だと私も思いました。ですから私も彼の死が納得できなかった。今でも納得できません。今の私にできることは、まず彼が遺した最後の作品を同級生たちと共に観る会を開催することと、自分の映画を完成させ、映画作家として世に出ることしかありません。

どうか三上済のことでご存知のことがありましたら、何でも遠慮なさらずに書いてください。どうか彼の名前を出して書いてください。よろしくお願いします。

私は、彼の死を知った直後に彼の携帯電話に電話してしまいました…。やはりにわかには信じられなかったからです。

それでは、また。

http://sea.ap.teacup.com/tomonews/

 

はじめまして。

 投稿者:tomo  投稿日:2006年 1月17日(火)17時35分2秒 p4214-ipad37souka.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  みなさま、はじめまして。
昨日、三上さんが亡くなったことを聞いて驚いております。
ぼくが三上さんにお会いしたのは12月の初頭だったと思います。そのときは疲れている様子ではありましたが、健康そうな優しい笑顔を見せてくれました。
まだ、数度しかお会いはしてませんでしたが、とても真面目で優しい方だった印象が強いです。
まだ、亡くなったということが信じられません。
せめてもの救いが三上さん最後のドキュメンタリーが無事OAされたということです。ぼくは当日、仕事で見られなかったのですが、なんとしてもこの作品を多くの人に見ていただけるようにしたいと思います。

http://sea.ap.teacup.com/tomonews/

 

遅ればせながら・・・

 投稿者:びっと  投稿日:2006年 1月 7日(土)20時57分21秒 nat-ext-02.cc9.ne.jp
返信・引用
  明けましておめでとうございます。

投票か・・・

あんまり色んな人に知られたくないなぁ~!
なんて思ってしまうのだが・・・

でも、今年も楽しませていただきたいので・・・了解!
 
    (おもて&みとん) びっとさん、どうも。あけましておめでとうございます。
日本ブログ大賞に投票していただきまして、ありがとうございます。

>あんまり色んな人に知られたくないなぁ~!
>なんて思ってしまうのだが・・・

こういふうに思っていただけると、素直に嬉しいですね~。
今年は映画『新・東男京女』の素材をビデオポッドキャスティング
で一回5分ずつに編集して配信していきますので。これで編集作業
を促進するのが狙いです。

また今年もお会いしたいですね。それでは、また。
 

『日本ブログ大賞2006』の「ライフ部門」に

 投稿者:おもとん(おもて&みとん)  投稿日:2006年 1月 7日(土)05時43分6秒 softbank219188123191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ブログ『新・東男京女・写メール日記』を自薦で応募してしまいました。まだ自分の一票しか入ってないので、どうか皆様、下記ページへ行ってログインしていただき、「ライフ部門」の『新・東男京女・写メール日記』に是非とも投票お願いします~。

またしても、自分たちに都合のいいことしか書き込みしない、管理人のおもとん(おもて&みとん)でした~(苦笑)。

↓『日本ブログ大賞2006』の「ライフ部門」
http://www.blogaward.jp/section.php?section=13&select_page=0&max_rec=yes

↓『日本ブログ大賞2006』TOP
http://www.blogaward.jp/index.php
 

訂正

 投稿者:kusukusuメール  投稿日:2005年12月29日(木)17時58分51秒 p37227-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  訂正
「言葉が思いつかなかいので。」→「言葉が思いつかないので。」
 

補足

 投稿者:kusukusu(メール  投稿日:2005年12月29日(木)17時53分17秒 p37227-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  なお、おもてさん自身が「訃報」といった言い方をしたくないと書いているのにそういう言い方をしてしまって、ごめんなさい。
僕にはこれ以外に言葉が思いつかなかいので。
もし、問題あるようなら僕の書き込みは削除してかまいません。

笑顔が印象的な方でした。
 

三上ディレクターの死を悼みます

 投稿者:kusukusu(メール  投稿日:2005年12月29日(木)17時43分14秒 p37227-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  三上さん、都立豊島高校の出身の方だったのですね。
実は日本テレビの報道番組のディレクターでカネミ油症の取材に来ていて、その時、僕もお会いしました。
若いのに急な訃報に驚いています。
お悔やみ申し上げます。
 

三上済演出作品「翔け!視覚障害のバイオリニスト川畠成道~世界挑戦!完全密着365日!」

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年12月26日(月)14時29分24秒 softbank219188120154.bbtec.net
返信・引用
  というドキュメンタリー番組が、BS朝日で何と亡くなった当日に放映されたらしいです…。
2006年3月、9月に再放送される予定で、2006年3月には、ドキュメンタリー番組の映像をベースにしたオリジナルDVDが発売されるそうです。以下が、その番組(作品)の企画主旨、制作体系、番組(作品)詳細情報です。是非とも多くの人の目に触れてほしいです。


コンテンツファンドによる第1号出資、「ヴァイオリニスト川畠成道スペシャルドキュメンタリー番組」および「川畠成道の初オリジナルDVD」の制作に関するお知らせ
平成17年12月21日
株式会社電通テック(松井達二社長)のコンテンツファンド「電通テックコンテンツパートナーズ(以下DTCP)※注1」は、第1号出資として、「ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト」に出資した。「ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会※注2」が設立され、「ヴァイオリニスト川畠成道スペシャルドキュメンタリー番組」が制作された。「川畠成道の初オリジナルDVD」ならびに「オリジナルCDの原盤」も併せて制作される予定。

「DTCP」は、映像、インターネットやモバイルメディア用コンテンツ、ゲームなどの制作プロジェクトへ投資するためのコンテンツファンドで、募集対象を電通テックならびに電通テックグループ会社の社員とし、平成16年1月より投資対象となるコンテンツ制作プロジェクトの募集を開始した。

「ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト」は、電通テックが培ってきたクリエーティブ力を活かして、社会性、文化性が高く価値あるオリジナルコンテンツを制作し、社会へ提供するものであり、「DTCP」が投資するにふさわしい内容であると判断された。

「ヴァイオリニスト川畠成道スペシャルドキュメンタリー番組」の内容、放送予定および制作概要、「川畠成道の初オリジナルDVD」「オリジナルCD」の制作および販売概要は次の通り。

<ヴァイオリニスト川畠成道スペシャルドキュメンタリー番組>
〔番組内容〕
視覚障害を負った幼少期にヴァイオリンと出会い、現在、ソリストとして国内外で注目されるクラシックアーティスト川畠成道を、一年に亘って密着取材したドキュメンタリー番組。

英国での永住権・公民権の取得により、海外での活動のベースを得た川畠の、ロンドン、イタリア公演や、ボローニャ歌劇場オーケストラとのレコーディングの模様とともに、タイ・プーケットの貧困児童施設を訪問し、インド洋津波災害で心身に傷を負った子供たちを励ますために演奏する川畠の素顔など、デビュー当初より平和と弱者に光を当てチャリティコンサート活動を行っている川畠の心にも肉薄。デビュー当時から現在までの主要な活動の映像も織り交ぜ、演奏にかける情熱、多くの人々の心を捉えて離さない音の世界に迫り、川畠成道の人間の魅力を多面的に描く。

〔放送予定〕
第1回放送 2005年12月24日 19:00~20:55 BS朝日
※2006年3月、9月に再放送予定

〔制作概要〕
番組タイトル: 「翔け!視覚障害のバイオリニスト川畠成道~世界挑戦!完全密着365日!」
放送時間: 1時間55分
企画・制作: ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会
協力: ビクターエンタテインメント株式会社
制作スケジュール: 2004年3月~11月
主な制作スタッフ: 構成:櫻井誠二  演出:三上 済  撮影:清水博志(マイプラン)
プロデューサー:岡田佳治(テレビ朝日)  飯田カズ(D:Complex)
渡辺一夫(電通テック)

<川畠成道の初オリジナルDVD制作・販売概要>
タイトル: 未定
内容: 川畠成道の初の映像商品。ドキュメンタリー番組の映像をベースにした川畠成道の演奏シーンや、出身校であるロンドン音楽院デュークスホールでの演奏をはじめとする特典映像に、プライベートシーンも織り交ぜたオリジナルDVD。
企画・制作: ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会
主な制作スタッフ: 構成:櫻井誠二  演出:三上 済  撮影:清水博志(マイプラン)
プロデューサー:岡田佳治(テレビ朝日)  飯田カズ(D:Complex)
渡辺一夫(電通テック)
発売元: ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会
ビクターエンタテインメント株式会社
販売元: ビクターエンタテインメント株式会社
発売予定: 2006年3月
価格: 5,000円(予定)

<オリジナルCD制作・販売概要>
タイトル: 未定
内容: イタリアを舞台としたオペラ・ミュージカルの名作の数々を、情熱的に、かつ、哀愁に満ちた音色で川畠成道が奏でるオリジナルCD。
収録曲: ヴェルディ、プッチーニなどイタリア歌劇
企画・制作: ビクターエンタテインメント株式会社
共同原盤: ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会
発売元・販売元: ビクターエンタテインメント株式会社
発売予定: 2006年9月
価格: 3,000円(予定)


※注1 電通テックコンテンツパートナーズ(DTCP)
映像コンテンツの制作など電通テックが培ってきたクリエーティブ力を活かして、社会性、文化性が高く価値あるオリジナルコンテンツを積極的に制作し、社会へ提供することを目的に、平成15年12月1日付で設立したコンテンツファンド。映像、インターネットやモバイルメディア用コンテンツ、ゲームなどの制作プロジェクトを投資対象とし、当面の募集対象を電通テックならびに電通テックグループ会社の社員として、平成16年1月より募集を開始した。「DTCP」の制度概要については以下の通り。 [「DTCP」の制度概要 ] <構成> 電
通テックと住信インベストメント(株)とで構成される民法上の任意組合。「DTCP」内に「コンテンツ投資委員会」を設置、案件の審査、投資の可否を決定する。*投資委員には社外からも登用。
<開設期間> 2003年12月1日から2008年12月31日まで。
<資金枠> 30億円。(但し、払い込みはその都度実施)
<投資対象> 権利保有を原則とした (1)動画映像コンテンツ (2)インターネット/モバイルメディア用コンテンツ (3)ゲーム (4)これらから派生する各種マーチャンダイジ
ング(本、音楽、フィギュア、ノベルティグッズなどの開発・販売)などオリジナルコンテンツの制作プロジェクト。
<応募資格> 電通テックならびに電通テックグループ会社の社員。
<応募方法> コンテンツ投資委員会事務局へ必要な要素を網羅した企画書を提出。
<審査方法> コンテンツ投資委員会において審議を行い、委員の多数決で採択の可否を決定する。また必要に応じて、各々の分野のエキスパートにアドバイスを求め、審査に反映させる。
<審査基準> 電通テックが投資するにふさわしい内容であり、投資資金の回収が2年以内に見込まれることを事業評価の基準とする。

※注2 ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト製作委員会
「ヴァイオリニスト川畠成道プロジェクト」として、「ヴァイオリニスト川畠成道スペシャルドキュメンタリー番組の企画・制作」「川畠成道の初オリジナルDVDの企画・制作・販売」「オリジナルCDの原盤制作・販売(ビクターエンタテインメントとの共同原盤権)」を行う。委員会は、DTCPおよび株式会社トランスコスモス、株式会社Jストリームで構成される。投資概要については以下の通り。 [「ヴァイオリ
ニスト川畠成道プロジェクト」への投資概要] <総予算> 4,000万円
<出資割合> DTCP 3,000万円
株式会社トランスコスモス/株式会社Jストリーム 2社で合計1,000万円
 

一昨日のクリスマスイヴ、私の誕生日に高校時代の友人が亡くなりました…。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年12月26日(月)11時54分51秒 softbank219188120154.bbtec.net
返信・引用
  三上済(とおる)という私の都立豊島高校時代の同級生で、3年の時は同じクラスでした。

三上済は亡くなるまで、ずっとフリーで、ここ数年は日本テレビの『ニュースプラス1』のTVの報道ニュース映像制作の現場にいました。毎日毎日、終わることの無い、そして365日休みなど無いに等しい、TVの報道ニュース映像制作のため、忙しい日々を過ごしていました。

三上済とはついこの間、10/15に行われた都立豊島高校の同窓会で久しぶりに会って話したばかりでした。それが…この突然の死の知らせ…(正直、訃報なんて言う言葉を使いたくないです。三上のこの突然の死については…)。ご冥福をお祈り申し上げますだの、お悔やみ申し上げますだの、そんな弔辞や言葉ではとても収まりつかないんですよ。この三上の突然の死については。もうこれは明らかなテレビ業界での戦死なんですよ。テレビの現場の仕事に携わり、テレビの現場を愛したがゆえに、テレビの現場によって死んでしまった…。テレビの現場で、壮絶な死を遂げてしまった…。

39歳という若さで突然の死を迎えなければならなかった三上済のことを想うと、今はもう何も言葉が出ません。何も弔辞さえ述べたいとは思いません。これが三上にとっての本望であり、運命だったのかもしれません。しかし、これを彼の本望だったから、運命だから仕方が無いと受け止めることは、今の私にはできません。この死は、テレビの報道ニュース映像・番組制作に日々忙殺されたがゆえの過労死であり、突然死であることは明らかなんです。何の確証もないまま、こんなことを書くのは不謹慎でとんでもないことだということは十分わかっています。それをわかっても尚、私や仲の良かった友人たちの、このどうにも収まりの付かない、このやりきれなさとむなしさ…。ショックであると同時に、言い知れようの無い憤りと空しさと悲しさとやりきれなさと…もう言葉にならない感情がどうしても渦巻いてしまうのです…。どうしてもこの三上の死に納得がいかない。どうしても納得できないんです…。だから、私は死んだ三上に「ご冥福をお祈りします」とは今はとても言えません。言えないです。言う気にはなれません…。三上の突然の死は、ただの病死では決して無いんです。明らかな戦死なんですよ…。
 

昨日のクリスマスイヴで、39歳になりました。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年12月25日(日)13時21分57秒 softbank219188123191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  つじさん、並木さん、どうもありがとうございます。もう来年で40歳ですわ~。

来年から、ビデオポッドキャスティングで映画『新・東男京女(仮題)』をほぼ毎日(月~金ぐらいで)更新・配信する予定です。一日分のDV素材テープ(60~90分)を5分に編集したものを日々配信していく予定です。これによって、編集作業を継続・促進することと、映画の宣伝が狙いです。

並木さん、並木俊彰監督の映画『すたあ(仮題)』は、必ずや傑作になりますよ。って言うか、必ずや傑作にしますので。その為には、今後も映画公開まで並木さんにとことん付き合い、冷徹に厳しくも暖かな眼差しでアドバイス、助言、指摘させていただきますので。何卒よろしくです。

つじさん、本当に12/17の並木監督『すたあ(仮題)』の撮影で起きた、「江ノ島満潮遭難事件」の時には大変お世話になり、ご迷惑をおかけいたしました。心からお詫び申し上げると共に、あらためて感謝いたします。本当にごめんなさい。そして、本当にありがとう。「『新・東男京女』を完成させるまでは、おもてとしひこを死なすわけにはいかないから」と言ってくれた時は、マジで嬉しかったですよ。本当にありがとうございました。
 

メリークリスマス!

 投稿者:並木メール  投稿日:2005年12月25日(日)11時07分6秒 white5.scn-net.ne.jp
返信・引用
  アンド誕生日おめでとうございます!
いじりさん共々来年もよろしくです。
辻さん、先週は大変ご迷惑おかけしました。

http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/space-n.html

 

おめでとですー

 投稿者:ジーツー  投稿日:2005年12月24日(土)17時18分56秒 actkyo021098.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用 編集済
  誕生日が迎えられてホント良かったですー。  

11/26(土)第5回 おもてとしひこ映画独映(ひとり)会『監督だらけの上映大会』

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年11月25日(金)01時53分0秒 YahooBB219188120170.bbtec.net
返信・引用 編集済
  11/26(土)
第5回 おもてとしひこ映画独映(ひとり)会
「全然、ひとり会じゃねえよ!!スペシャルセレクション」
『監督だらけの上映大会「怯むな!撮れ!甦れ!」
一体、果たして全部観る人は何人いるのか!?』
「おもてとしひこ映画独映(ひとり)会は、映画界のバッファロー吾郎やぁ~!!(彦摩呂風に)」っていつか言われたいわぁ~!!スペシャル

【開催日時】 2005年11月26日(土)午後3時より
11月27日(日)午前?時まで、完全オールナイト。

【開催場所】 成宗新劇場(おもてとしひこ&いじりみちよの自宅アパート)
地下鉄丸の内線・南阿佐ヶ谷駅下車・徒歩約15分
当日連絡先電話番号 : 090―6480―8120(おもて携帯)

【観客】ほぼ全員、自主制作映画監督&関係者のみです。基本的に一般のお客様は無しです。スペシャルゲストとして、既にプロで活躍されている方々が何人かいらしていただける予定です。

【料金・システム】一律500円(1ドリンク&スナック&鍋料理付き)・飲食持込自由
1ドリンク以降は、ドリンクは別料金(ほぼ定価)でご用意もいたしております。
(種類は、発泡酒、焼酎、ウイスキー、ワインなど)

【当日の進行】
●作品上映後、それぞれの作品の監督と、おもてとしひこと、参加者皆様も交えてトークをします。おもてとしひこが司会進行役をやらせていただき、それぞれの作品の監督と1対1でトークしながら、さらに参加者の方々を巻き込んでトークしていきます(トークは1監督、10分以内)。
●途中で休憩を何度か挟みながら、進行いたします。
●お食事&お飲み物(1ドリンク以降)は、大変申し訳ありませんが、参加者の方々の各自持ち込みでお願い致します。ご希望でしたら、出前の注文承ります。夜7時以降には、こちらでお鍋をご用意いたします。上映中でも、休憩時でも、お気軽にどうぞ。
●途中に宴会タイムを1~2時間ほど挟む予定ですが、なにしろ作品数が多いので(すみません、全然、上映時間のことまったく考えてませんでした)…当日の進行次第ということで…。


【上映作品(順不同・敬省略)】
--------------------------------------------------------------------------------

『HOME MOVIE』 '90/VTR/4min

『点滅の朝』 '92/VTR/6min
(PFFアワード'92グランプリノミネート)

『10and20』』 '92/VTR/10min

『FAMILY TIME』 '94/VTR/24min
(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭'94オフシアター部門グランプリ
 トロント国際映画祭、オリンピア国際映画祭他正式招待)

『真空回路』 '96/VTR/32min
(第1回インディーズムービーフェスティバル入選
神奈川映像コンクール‘96優秀賞)

『BUNNY WAVE』 '99/VTR/5min
(TV東京『はいかい』内ミニドラマエクラン国際映画祭正式招待)

『micro sun』 '01/VTR/15min
(オムニバス映画『ゼロプラス』参加作品)

以上、
川口良太監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『ソイナナ』 2001年/DV/カラー/52分
(2001年 第2回 TAMA NEW WAVE ある視点部門 入選)

『すたあ 林雅之』(仮題)・ダイジェスト版 2005年/DV/カラー/30分

以上、
並木俊彰監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『遠い糸の振動』 1991年/16ミリ/カラー/50分

『あの日…ダムの底で』  2005年/DV/カラー/ビスタビジョンサイズ/20分

以上、
白土 潔監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『COPY』 2001年/DV/カラー/68分

以上、
河野和男監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『ミウチャンA』 2003年/DV/カラー/10分

『↓140』 2004年/DV/カラー/9分

以上、
宮野真一監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『What A Wonderful Life』 2004年/DV/カラー/71分

以上、
藤尾京子監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『下流』 1983年/8ミリ/カラー/60分
(1984年・第7回ぴあフィルムフェスティバル入選作)

以上、
辻豊史監督作品

--------------------------------------------------------------------------------

『新・東男京女(しん・あずまおとこにきょうおんな)』(仮題)・ダイジェスト版
2003年/DV/カラー/6分

以上、
おもてとしひこ監督作品

http://eigaomo.hp.infoseek.co.jp/

 

ちょっと見たいかも

 投稿者:kusukusuメール  投稿日:2005年11月15日(火)21時40分18秒 p42132-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  見てない映画の話題だけど、今年の東京映画祭の「アジアの風」部門で上映された『AV』という作品。
http://www.tiff-jp.net/films_43.html

香港の学生たちが映画撮影にかこつけて日本からAV嬢を呼びよせて寝ようと試みる・・というだけの話の映画らしいのだが、この映画の彭浩翔(パン・ホーチョン)監督がインタビューで「脚本家と10ヶ月間ホテルにカンヅメになって、書いたシーンをふたりで実際に演じてみては直す、という作業をしながら脚本を書いていった」と語っているのを読んで、それ、ちょっと見たいかもなんて思いました。
 
    (おもてとしひこ) これ、観たいですね~。面白そうじゃないですか。
あ、それから、kusukusuさんに彼女がどうしたらできるのか&
そしてkusukusuさんご本人そのものに徹底的にスポットをあてた
自主制作ドキュメント・バラエティビデオをマジで制作しようと
思ってますよ~。これ、マジでオモロイんじゃないかと思いまして。
できたらちゃんと劇場公開しようと思ってます。kusukusuさんの
プロモーション・ビデオにもなりうるかもしれませんよ~。
今度、正式に出演依頼させていただきますので。
 

始まって、そして、終わる

 投稿者:つジ  投稿日:2005年11月15日(火)18時56分29秒 AIRH03286015.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  なみおか映画祭が始まりますね。
http://www.hirogeki.co.jp/nff/index.html
色々あっても、タイムテーブルを見ると、わくわくします。
 
    (おもてとしひこ) 本当にいろいろありましたけど…確かにワクワクしますね~。
作品ごとの紹介文も何か魂こもってますよね。
 

いや~kusukusuさん、何か突き抜けてきましたね~。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年10月28日(金)01時40分35秒 YahooBB219188120149.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ホンマに特に最近、いいですね~。あれです、あのカンジですよ、私がkusukusuさんに望んでいたのは。ホンマにオモロイですよ~。あのブログ『地球が回ればフィルムも回る』の「もてない男の恋愛論」は。素晴らしいです。『電車男』なんぞより、よっぽどオモロイし、マジでリアルで生々しいですわ~。

何か、kusukusuさんに彼女(恋人)ができるまでを撮ったドキュメンタリー映画『ボクに彼女ができるまで』(あくまで仮題)でも思わず撮りたくなってきましたよ~(笑)。是非とも、このカンジで突き抜けて行ってもらいたですねぇ~。

>以前にちょっと喧嘩した件ではいろいろすみませんでした。アイム・ソーロー、じゃなかった、
>アイム・ソーリーです。ではまた。

こういう「寒いギャグ(ダジャレ的な)」を「寒い」と思われることも怖れずに書く精神(笑)。これが大事なんです(笑)。まあ、私はkusukusuさん本人のキャラを知っているので、こういう「寒いギャグ」をkusukusuさんが書くこと自体、オモロイし、笑えるんですけどね(笑)。いやまあ、あれはケンカではなく、私が一方的にアホみたいに憤ってただけですからね。別に気にしないでくださいな~。

是非とも皆様、kusukusuさんのブログ『地球が回ればフィルムも回る』の「もてない男の恋愛論」をご覧あれ!!

http://blue.ap.teacup.com/applet/documentary/msgcate14/archive

 

ブログ掲示板に書き込み有難うございます

 投稿者:kusukusuメール  投稿日:2005年10月27日(木)17時18分15秒 p1123-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  おもてさん、『地球が回ればフィルムも回る』ブログの掲示板に書き込み、有難うございます。
おもてさんの書き込み、大歓迎です。今後もなんでも書き込んでください。

以前にちょっと喧嘩した件ではいろいろすみませんでした。アイム・ソーロー、じゃなかった、アイム・ソーリーです。ではまた。
 

そうそう昨日の朝起きたら、みとん、

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年10月25日(火)04時28分35秒 YahooBB219188120149.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ギックリ腰になっちゃいまして…。中村さん、ギックリ腰の治療院の情報を書き込んでいただきまして…本当にありがとうございます。とりあえずは、私が通っている東高円寺にある「市原整骨院&カイロプラクティック治療院」に昨日行きました。昨日は診療と電気治療とマッサージをしまして、すこし状態が落ち着きました。今日、そこでカイロプラクティックを施術してもらうことにしました。まあ、ギックリ腰と言っても、腰を曲げると痛みが伴うぐらいで、歩けないほどではないので…カイロでかなり良くなるとは思うのですが…何よりも長い緊張状態からようやく解放されたという安心感・安堵感からくるものなのだと思います…。私がものすごくみとんに『東京おもとんランド』の準備の段階で、やたらとプレッシャーをかけ続けてしまっていたので…。深く反省しております…。大変ご心配をおかけしてしまいまして…誠に申し訳ありませんでした…。  

ぎっくり腰に

 投稿者:中村くんメール  投稿日:2005年10月24日(月)23時16分9秒 203-165-102-233.rev.home.ne.jp
返信・引用
  http://www.lcv.ne.jp/~sc1832/index.html
ここはぎっくり腰の患者が救急車で運ばれる事もある整体です。
その場で痛みが無くなるまで治療してもらえます。
お忙しいと思いますが、ぜひお試し下さい。

おもてさ、いじりさん、本当にご苦労さまでした。
感謝とお礼の文を、後日改めて掲示させて下さい。
取り急ぎ。
 

お疲れ様です。

 投稿者:並木メール  投稿日:2005年10月19日(水)13時29分10秒 white5.scn-net.ne.jp
返信・引用
  公開業務連絡?です。
おもてさん、いじりさんともども日程的に無理をさせてしまっているようで、本当にご協力ありがとうございます。
編集大丈夫でした。取り込みの設定をMPEGにしてました。記録時に60iのデジタルに変換されているので、出来ないことないんですよね。すみません。
ただ、先日撮った暗い所での赤いネオン部分のダンボールカーの映像と中嶋さん・酒井さんの格闘シーン(これも赤のネオン下)劣化してしまいます。1年前に撮った千葉さんの室内の映像のようなマス目がかかった感じです。(元の映像は大丈夫です。)
おそらく、キャプチャーボードのグラフィックの限界(安物なので)ではないかと思われます。ハードを変えればなんとかなると思うのでのちのち対処します。
ということで、今さっき簡単に編集したものを速達でお送りしました。明日には着くと思います。ご確認下さい。
いやーすごっいすよ。あんまり自画自賛はしたくないですが、下記の書き込み頂いた猪谷さんシーンもさることながら、狂気と笑いとその他いろんなものが、現時点(35分です。おそらく1時間10分から20分くらいの作品になるかと思います。)で絶妙に入り混じっています。
あと、ソイナナん時に買ったACID MUSICという音楽作成ソフトが、いいすっね、楽しいんですよ(以前は殆ど使わなかったですが)。ドラムの音とかギターのいろんな音を組み合わせて音楽を作れてしまうというソフトなんですが、そのまま作ったものをWAVファイルに変換できるので音質の劣化もあまりありません。ということで、映像に少しくっつけてみましたのでご確認ください。打倒つんくです。
この間、面接した女の子・最終核兵器と突然イメージが沸いた最後のラストシーン後のどんでん返し(三池張りです。これはみなさんにまだ言ってないのでご相談させていただきます)もあり、自分自身どんな映画になるのか予測がつきません。
ということで、勢いだけのアホ監督に最後までお付き合いいただければと思います。
最後に、タイトルは「すたあ 林雅之」にしようと思うんですがいかがでしょうか?
映像上に手書きのタイトルを出した時に、「すたあ´06」よりもインパクトがあるんですよね。
お送りした映像の最後にイメージ(テーマ音楽付き)を作ってみたのでご確認ください。
では

http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/space-n.html

 

いつかなんて言わないで(笑)、

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年10月 7日(金)11時40分29秒 YahooBB219188120180.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今度の10/22の『東京おもとんランド』、是非来てくださいよ~。もうお客様の定員はもうオーバーしてますけど、イノタニさんが行ってみたい、観てみたいと思われていらっしゃるなら、私は大歓迎です。ご相談いたしますよ~。ちなみに並木さんもスタッフ&出演者!?としていらっしゃいますので(笑)。もしご予定空いてましたら、是非、事前にメールでご連絡くださいな~。イノタニさ~ん。大げさじゃなくて、あれは本当に思ったことですよ~。  

おもてさんへ

 投稿者:イノタニ  投稿日:2005年10月 7日(金)10時48分0秒 p62b6d4.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  大げさにほめていただいて、大変恐縮です。
東京おもとんランドへいつか行ってみたいです。
1日フリーパスで。

http://www.geocities.jp/futagoza_agata/

 

イノタニさん、どうもです。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年10月 7日(金)00時18分4秒 YahooBB219188120180.bbtec.net
返信・引用
  どうも、イノタニ(猪谷)さん。先日の撮影は朝から晩まで本当にお疲れさまでした。ご自分の出演シーンの撮影が終わっても、ずっと現場に残って撮影を見ている役者さんって、私は個人的に大好きです。あの虫刺され、その後、大丈夫でした?本当にあの草むらのシーンの撮影では、イノタニさんへのケアや安全対策がちゃんとできてなくて…誠に申し訳ありませんでした…。あの土手付近の草むら、実は本当に蛇が出る危険性があったことを私、後で気付きまして…非常に猛反省いたしました…。あの草むらのシーンの撮影を教訓として、今後はより役者さんへの安全対策を徹底的に強化することを並木監督と話し、今後、実行に移していくことにしました。本当にお疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。

HP、偶然見つけていただいて、うれしいですね~。いやいや~私こそ本当に古厩智之監督『星に願いを』でファンになり(マジで本当に主演女優賞モノでしたよ、あれは)、今回の『すたあ’06』の撮影でますます女優・猪谷美夏(いのたによしか)さんの大ファンになりましたよ。こんなに若くて存在感のある面白い女優さんがいるんだなぁ~と改めて実感しました。猪谷さんは、今後必ず、独自のポジションを確立される女優さんになられるとマジで思います。新世紀の「70年代の頃の希木樹林」のような…それでいて、ハッとした瞬間にドキッとさせるような女の色気と匂いを感じさせてくれる…何て言うか、一時期の戸川純のような…そんなカンジの何ともとらえどころのない魅力の女優さんであり、そんなポジションをいずれ必ず確立されると思います。今後も期待してますし、いつか映画に出ていただきたい女優さんです。

> どうも。先日はお疲れ様でした。大変、お世話になりました。
> 偶然このホームページを見つけてしまいました…
> お二人のことがもっと好きになったことは間違いありません。
> 残りの撮影もがんばって下さい

↓イノタニヨシカ(猪谷美夏)HP
http://www.geocities.jp/futagoza_agata/
 

こんにちは

 投稿者:イノタニ  投稿日:2005年10月 6日(木)14時01分53秒 p62b6d4.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  どうも。先日はお疲れ様でした。大変、お世話になりました。
偶然このホームページを見つけてしまいました…
お二人のことがもっと好きになったことは間違いありません。
残りの撮影もがんばって下さい

http://www.geocities.jp/futagoza_agata/

 

まったくもってその通りです。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年10月 3日(月)12時54分37秒 YahooBB219188123191.bbtec.net
返信・引用
  >つまり、苦情全部に対して、同じタイミングで同じ文章の回答なんですね。
>公式回答というのは、そうしたものですよね。
>みんなで会議とかしながら(?)考えた回答文。。。

>この静かな怒りと違和感は、今後も忘れることなく持ち続けたいと思います。


まったくもってその通りですね。この間、さらにツッコんだ質問状のメールをつジさんと私の連名で送りましたが、果たしてあれにちゃんと回答してくるのかどうか…?
 

回答文

 投稿者:つジ  投稿日:2005年10月 1日(土)12時05分8秒 actkyo001142.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  http://epha.exblog.jp/1154863/
と、全く同じ文章であるばかりか、日付まで一緒です。

つまり、苦情全部に対して、同じタイミングで同じ文章の回答なんですね。
公式回答というのは、そうしたものですよね。
みんなで会議とかしながら(?)考えた回答文。。。

この静かな怒りと違和感は、今後も忘れることなく持ち続けたいと思います。
 

青森市教育委員会事務局・浪岡教育事務所社会教育課長からの回答文

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月20日(火)22時46分20秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  のメールが本日、届きましたので、ここに公開いたします。

まずは、私が青森市教育委員会へ送ったメールの全文から。
以下がそれです。


日付: Fri, 09 Sep 2005 02:07:52 +0900
差出人: "omochin0@infoseek.jp" <omochin0@infoseek.jp>
件名: 青森市教育委員会を断固糾弾する!!
宛先: "aocity@city.aomori.aomori.jp" <aocity@city.aomori.aomori.jp>

私は自主制作で映画を作っている、東京都杉並区在住のおもてとしひこと申します。
このたびの「<なみおか映画祭>今年限り ポルノ上映で補助金打ち切り」の一件で、断固糾弾、断固抗議したく、メールいたしました。

とんでもない話だ!!
まずは今回の記事の引用から。

<なみおか映画祭>今年限り ポルノ上映で補助金打ち切り

全国の映画ファンに親しまれている青森市の「中世の里なみおか映画祭」の実行委員会は8日、映画祭を大幅に縮小し、今年で最後とすることを決めた。日活ロマンポルノを特集する企画に、市教委が補助金130万円を打ち切り、会場も貸さなくなったため。文化庁は日活ポルノの芸術性を認めて補助を決めていた。

映画祭は92年に「映画館のない町で国内にないような映画祭をやろう」と青森市と合併する前の旧浪岡町で始まり、今年が14回目。これまで国内外からフィルムを買い取るなどして上映してきた。今回は11月19日から23日まで、日活の巨匠と言われた神代辰巳監督を取り上げ、22作品を上映する予定だったが、内容を知った市教委が「補助事業にふさわしくない」として、実行委に補助金を出さないことを伝えていた。
(毎日新聞) - 9月8日22時39分更新

もうこれは日本映画史上、いや、世界映画史上に絶対に記憶されるべき映画監督である、故・神代辰巳監督への侮辱・冒涜だけにとどまらず、にっかつロマンポルノという、「素晴らしい映画作品群を多数作り出し、なおかつ現在の映画界を動かしている映画監督を多数輩出している、映画史に残る貴重な財産」への侮辱・冒涜であり、、もうつまるところは、映画そのものへの侮辱・冒涜だと私は思います。

青森市教育委員会は、絶対に許されざる者(たち)です。青森市教育委員会のしていることは、絶対に許されざる行為です。これを絶対にみすみす見逃してはならない!! とんでもないことです!!

文句なり、言い訳なり、反論があるなら、ちゃんとした返事のメールをください。無視した場合は、徹底的にインターネットで糾弾します。覚悟してください。これは脅しではなく、断固たる抗議ですので。ちゃんと映画の歴史を勉強してから、きちんとした返答をお待ちしております。

おもてとしひこ



続いて、 私のメールに対する、青森市教育委員会事務局・浪岡教育事務所社会教育課長からの回答文のメールです。
以下がそれです。


日付: Tue, 20 Sep 2005 14:36:48 +0900
差出人: "広報課" <koho@city.aomori.aomori.jp>
件名: 意見に対する回答について
宛先: "omochin0@infoseek.jp" <omochin0@infoseek.jp>

いつも大変お世話になっております。
おもて様から寄せられたご意見について、次のとお
り回答いたします。
今後とも市政に対するご理解とご協力をよろしく
お願いします。

〒030-8555 青森市中央一丁目22番5号
青森市総務部広報課 広聴チーム
電話017-734-5107

---------------------------------------------

○市の回答
 「中世の里なみおか映画祭」は、これまで13回
開催しており、旧浪岡町民をはじめ映画に関心や興
味のある誰もが、上映映画の中から自分の観たい映
画を取捨選択しながら鑑賞できる機会として親しま
れてきた事業であると認識しております。
 しかしながら、14回目となる今回上映予定の22
作品は、すべて成人映画であり、市教育委員会では、
このプログラムでは、市民の皆様の税金をかけて補
助するのにはふさわしくない。また、市民の皆様の
賛同が得られるものではないとの判断から、このた
びの映画祭には補助しないことに決定したものであ
り、決して映画そのものの芸術性を否定しているも
のではないことに、ご理解いただきたいと思います。


平成17年9月20日

青森市教育委員会事務局
浪岡教育事務所社会教育課長


【問い合わせ先】
教育委員会事務局浪岡教育事務所社会教育課
電話 0172-62-3004
 

HP移動

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月14日(水)04時27分1秒 airh032125227.mobile.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  なみおか映画祭の集結宣言が、↓に移りました。
http://www.hirogeki.co.jp/nff/index.html

長谷川氏のコメントに、最後の看板を外す、、とあるので、来年度には別のイベントを考えているのかもしれません。
 

イエール大学の……

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月13日(火)01時02分31秒 actkyo042114.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  助教授の方が、遺憾を表明したようです。
http://kozoism.exblog.jp/864573

特にアカデミズムにおもねる気持ちはないのですが、
「青森市教育委員会」に取っては、
こうした権威からの遺憾の意は痛いのではないでしょうか?
 

これで一件落着したわけじゃない

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月12日(月)23時56分34秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ですね…。つじさん。「なみおか映画祭」の主催者である三上さんが決めたことだけれども…神代辰巳監督作品は弘前市で上映されるけれども…私はハッキリ言って、今までの「なみおか映画祭」のままで堂々と神代辰巳監督作品を上映して当たり前だ、と今でも思ってます。

やはり、あきらめてはいけない。仕方が無いなんて思っちゃダメですね…。青森市役所・浪岡町事務所と、青森市教育委員会には、何としてもこの落とし前をつけさせなければならない。


そして、これをきっかけにして、より一層、映画好きや映画ファン以外の人々に、神代辰巳という映画監督をもっと知ってもらい、神代辰巳監督の映画をビデオでもDVDでもいいから、観ていただきたい。


つじさん、このけいじばんに好きなだけ、今まで書かれたことをバンバン書き込み、転載してってください。もう、遠慮はいりませんので。よろしくです。


青森市役所
〒030-0822 青森市中央一丁目22-5
TEL:017-734-1111(代表)
aocity@city.aomori.aomori.jp

青森市役所 浪岡事務所
〒038-1392 青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1
TEL:0172-62-1111(代表)

↓青森市役所
http://www.city.aomori.aomori.jp/

↓なみおか映画祭
http://www.nff.jp/

↓映画監督・青山真治氏も、「なみおか映画祭打ち切り反対声明」を発表しています。

http://boid.pobox.ne.jp/contents/report/namioka.htm

 

終結宣言

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月11日(日)18時31分31秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  正式コメントがでました。
http://nff.jp/
 

キネ旬ベストテン

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月10日(土)10時04分22秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  転載ありがとうございます。

キネマ旬報ベストテンは、全く趣味趣向の異なる映画ファンによるベストテンで、大抵は多くの観客に見られた作品が上位に来ます。

見てない作品に評は入れられない。
つまり、その年の話題作や大作が上位を占めやすいわけです。

そのキネ旬ベストテンにあって、見た者の少ない、神代辰巳監督の小規模な作品がひんぱんに顔を出すのは、特筆すべきです。


キネマ旬報ベストテン

1972年8位 一条さゆり 濡れた欲情
1973年6位 四畳半襖の裏張り
1974年4位 青春の蹉跌
1979年4位 赫い髪の女
1981年5位 嗚呼!おんなたち猥歌
1985年5位 恋文
1994年4位 棒の哀しみ
 

神代辰巳を長文で考えてみます。 辻豊史 ②

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 9日(金)18時44分20秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  ●神代辰巳のデビュー・どんな時代?

ジャン・リュック・ゴダールの影響が色濃く残る『かぶりつき人生』で神代が日活でデビューしたのは、1968年。

これは、鈴木清順が日活を不当解雇(契約違反の解雇)された年です。当時、日活アクション映画は低迷していました。1956年に『狂った果実』から始まり、何を作っても当たっていたブームは、12年ほど経つと、何を作っても当たらなくなりました。そこに来て、清順の「理解できない映画」は、経営陣の火に油を注いだ格好になったのかも知れません。

文芸物、やくざ物など、色々なジャンルを模索しては不振が続いた当時の日活で、神代にチャンスがめぐって来たのは、歴史的な必然だったでしょう。

助監督時代を経て、デビューの好機を見計らっていた神代は、若い女が主人公の、スター不在の『かぶりつき人生』(1968)という、数年前では考えられなかった企画の作品で鮮烈なデビューを果たします。これは、何をやっても不振だった日活が、試みとして世に繰り出した作品であったことは想像に堅くありません。
(そして、同作品の助監督には、日本映画の良心・三浦朗が顔を連ねています。)

この路線。女を主人公にした映画は、当時、まだ未開拓のジャンルで、日活が1971年から、ロマンポルノ路線へと突き進んで行くのは自然な流れだったでしょう。

こうして銀幕を追われた石原裕次郎は、1972年、TVの世界に身を投じ、『太陽にほえろ』のオンエアが始まります。

ロマンポルノの路線に切り換えた日活でしたが、元は、無国籍アクションを撮っていたようなスタッフや態勢がシフトした面もあるのですから、(去った人が多くいたとしても)映画を撮るにはあらゆる好条件が整っていたと言っても良いでしょう。

女が主人公で、カラミがあればなんでも許された。この鉄則は、次第に、カラミさえあれば、女が主人公でなくてさえ良くなって行く。『悶絶!!どんでん返し(あづき色の黄昏)』などに至っては、カラミすらあったのかどうか。

こうして、『嗚呼!!花の応援団』(1976年。監督・曾根中生、脚本・田中陽造)の大ヒットなどの追い風もあり、破竹の勢いで、日活(後に、にっかつ)は、ロマンポルノを量産して行きます。


●ロマンポルノの終焉

ロマンポルノの、この量産態勢も、十数年経ったところで終わりを迎えます。

最初は、ホテルなどの施設でTV画面に性愛中心のソフトを映しているに過ぎなかった家庭用ビデオデッキが、各家庭に目ざましい普及をとげ、アダルトビデオが台頭して行ったのと、このジャンルの衰退は、時期を同じくしています。

海の向こうでの類似の様子を、ポール・トーマス・アンダーソン監督が、『ブギー・ナイツ』で鮮明に見せてくれていますので、この辺りは想像がつきやすいでしょう。

1988年、バブル期にとどめを刺されたロマンポルノですが、しかし中でも、1971年からの10年ほどは、神代辰巳に限らず、数々の傑作を残していたのです。


●歴史を知ること

このように、日活のロマンポルノというのは、日本映画が活力を失っていた時期に、経営的な必然性から自然に登場し、内実は、奇蹟のように上質な作品を一部に残した作品群のことです。

ロマンポルノが、美術、録音、編集などのスタッフがそのまま残った、石原裕次郎映画の末裔であることを、我々はまず正しく理解すべきように、私には思われます。

日本映画の黄金時代には、家族ものや、廓ものの傑作が多くあります。しかし、核家族社会へとシフトした人間の魂を捉えるには、また別の作り方が必要でした。

ATGや松竹ヌーヴェルバーグでも創り得なかった核家族社会の人間讃歌を、日本映画が思う存分創れた、わずかばかりの輝かしい10年余りの記録が、一部の良質なにっかつロマンポルノなのです。

一部、一部、という言い方を申し訳なく思います。

にっかつロマンポルノというジャンルそのものにもファンが多くいることを私は識っていますが、良くも悪くも鈴木清順の作品が他の日活アクション映画と比して特別なものだったように、神代辰巳の作品も特別なものです。

良質な映画で言えば、田中登の作品をはじめとして、何本もあるにっかつロマンポルノですが、わけても神代辰巳監督作品だけを22本特集上映しようとしたなみおか映画祭は、企画者側の、日本映画史に対する知識の正確さや、この映画祭に対する気概を証明しているように思われます。


●恥ずかしいこと

ここでは、短くしか考えることができませんでしたが、にっかつロマンポルノが生まれた歴史と、その中で良質な作品が創られえた背景と、分けても特別な監督が神代辰巳だったことを筆が足りない乍ら、簡単に述べました。

繰り返しますが、これらは、全国の映画ファンに取っては周知の事実であり、今回の青森市の取った措置は、世界でも広く認知され始めた、世界映画史の誇りである神代辰巳監督に対する無知を晒す結果となって了っています。

日本人が、日本人の作り出した一流の文化を自ら否定している間に、世界中のクリエイターが、次々と神代辰巳の芸術性や映画性に感染して行くでしょう。

これが80年代の出来事であれば、神代辰巳監督に対する偏見に対して、怒りも沸いたと思いますが、既に常識になっている傑作映画群の上映拒否は、今更という感じがしてただ驚くばかりで、正直、戸惑いを隠せません。

なみおか映画祭のことは識っていました。映画ファンの間では、かなり有名な良い映画祭だという印象がありました。

個人的な感想ですが、新潟市が日本初の本格的な公立コンテンポラリーダンスカンパニーを擁して話題になった21世紀初めに、そのすぐ近くで、青森市がこのような文化的偏見に満ちた判断をしたことは、反時代的な事件として忘れられないトピックです。

これがいかに恥ずかしい判断であったのかは、年を追って明らかになると思われます。

最終判断をする前に、全国紙に映画の記事を書いている有識者に、神代辰巳監督のことを少しでも訊ねてからにすれば恥をかかずに済んだのでしょうか……。

今から判断が覆ることはまずないとは思います。しかし、もし、少し調べて気が変わり、偉い人達が決定を覆し、神代辰巳の22作品をなみおか映画祭で見ることができたら、その判断は素晴らしいと念います。
 

神代辰巳を長文で考えてみます。 辻豊史 ①

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 9日(金)18時43分17秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  以下の文章は、つじさんが神代辰巳監督について「なみおか映画祭」の掲示板に書き込んだ全文です。つじさんの了承を得て、ここに転載しました。つじさん、ブラボー!!最高!!
http://www.nff.jp/bbs/kakikomitai.cgi

---------------------------------------

神代辰巳を長文で考えてみます。 辻豊史

●はじめに

故・神代辰巳監督は、1980年代の日本映画史の中で、世界に誇れる作品を黙々と作り続けていました。

神代監督の影響を受けている映画人、TV業界人は数えればキリがない、むしろ、影響を受けていない人の方が少ないとすら思えてきます。

神代監督の作品の中で、最も多くの人にみられている作品は、恐らく、TVドラマ『傷だらけの天使』です。ヘッドフォンをした萩原健一が、ゆで卵を食べたり、牛乳を飲んだりするワンカットのタイトル・ロールは、(間違っているかも知れませんが)まさに神代辰巳監督の作風そのものに見えます。

当時、若者を中心に熱狂させた伝説の『傷だらけの天使』と、そのタイトル・ロールは、しかし、神代辰巳監督のフィルモグラフィーの中では、さして重要ではない方です。



●神代辰巳が全国に知られた経緯

元東京大学総長の蓮實重彦氏(表象文化論、映画批評家、フローベール研究)が、著書「シネマの記憶装置」などで、映画史に残る映画たちと共に、神代辰巳監督を熱い熱い筆で紹介したのが1970年代の後半~80年代でした。

マニアックな映画ファンの間では既に有名だった神代辰巳でしたが、その頃学生だった、現在のTV業界、映画業界の人間、または、当時、大学などの教育機関で教えていた知識人たちは、なぜ蓮實氏が日活ロマンポルノの監督を取り上げるのか、と、内心、びっくりしたに違いありません。

そして、初めて足を踏み入れるポルノ映画館の座席に、こっそり座ると、スクリーンに映しだされて始まったのは、いかにも予算のないチープな作品であって、「あー、やっぱりな」と思ったかも知れません。しかし、それもつかのま、60分程度の作品を見終わる頃には、「一体、この監督は何者なのだ?!」と、襟を正し、ネクタイを締め直して映画館を後にしたでしょう。

無知というのは、恐ろしいことです。神代辰巳監督の作品は、確かに面白い。中毒になります。

東京を中心とした情報の行き届いた人々は、既に80年代初めに、神代辰巳監督の洗礼を受けて了ったのでした。

このようにして、蓮實氏が「あなたは神代辰巳を知っているのか?」と挑発的な文を括ってから、数年の時を経て、全国規模で特集上映も組まれるようになり、あちこちの批評で神代監督が取り上げられるようになって行きます。

その中で、神代のフィルムは、ポルノ映画館を飛び出し、名画座での熱心な特集により、繰り返し、繰り返し、数多くの観客、そしてリピーターに見られて来ました。最初は少なかった女性客でしたが、今では繰り返し特集に通う熱心な観客の何割かは若い女性です。

神代辰巳を識らずに映画ファンを自称していた自分を恥じた人々は、心を入れ換え、中々見ることのできない神代作品を情報誌で見つけ、横浜や板橋区のポルノ名画座に、三本立ての一本を目当てに、子供のようにうきうきと出かけて行って、涙でスクリーンをにじませたのが、東京では、十数年前でした。

今では、東京や名古屋、大阪、福岡などの大都市では、神代辰巳をポルノだと言って眉をひそめる人は、映画を識っている人の中には一人もいなくなりました。

ですから、今回の青森市の措置は、全国の映画ファンから見ると、蒸し返された議論というより、一瞬、理解できないような時代錯誤的なものです。例えば、ゴッホの絵画が優れているのか否かのようなことが取り沙汰されている感覚に近いと言えば、青森市の偉い方々にも判って戴けるでしょうか?

●どんな作品?

例えば、純文学である故・中上健次の「赫髪」を原作とした『赫い髪の女』は、1979年に封切られた神代辰巳の代表作です。

1979年の日本映画のリストを見ると、470本もあるのに、見たくなる作品のなんと少ないことでしょうか。

1979年・日本映画上映リスト→ http://www.jmdb.ne.jp/1979/a1979.htm

大衆映画、アクション映画、アニメ作品などに優れた作品も何本かあり、それらの面白さを否定するものではありませんが、上記リスト中にあって、ヨーロッパ映画や、近年のアジア映画のように人間をまるごと捉え、生きることの悦びや哀しみを訴えかけた作品(いわゆる単館系作品のような)は、唯一、『赫い髪の女』だけなのではないかとすら、私には思われます。

正直、1980年代は、日本映画の低迷期だと想われますが、その中で、日本映画の良心たりえ、後進のクリエイターに影響を与え続けた神代辰巳の功績は、どんなに書いても書きすぎではありません。

多くのクリエイターが、何度、日本に神代辰巳監督がいて良かったと思ったことでしょうか。何度、日本人であることを誇りに思ったことでしょうか。

例えば、これはここで紹介するのも恥ずかしいくらいの有名な作品ですが、『嗚呼!おんなたち 猥歌』(1981)では、売れないミュージシャンのジョージ(内田裕也)の苛立ちや惨めさ、そしてカッコ良さを描ききりました。中心主題は、ジョージを支えるマネージャー、ユタカ(安岡力也)の、精神的なホモセクシャルとも見えるほどの、無償の愛に違いありません。

生きることの困難と愛。そして希望。神代辰巳の作品は、いつだって人々への愛に溢れていました。

そして、その主題だけを追っているので、常にノン・ジャンルです。強いてジャンル分けをすれば、あまり使いたくない言葉ですが、「純文学」に近い。こうした純文学的な作品は、今日の日本では成立させることが困難です(観客を動員できるTVで馴染みのタレントを配役したり、売り方のコンセプトを考えるなど、よほどの工夫をしない限り)。

こうした作品を、神代辰巳は、ポルノという枠で、確信犯的に作り続けました。ただただ、作り続けました。

当時見なかった人は、今から見ても遅くないと思います。

ここで、もう一作品、紹介しましょう。これをお読みのみなさんは、お好きではないかも知れませんが、マルキ・ド・サド(サド侯爵)という人物がいます。神代辰巳は、サドの作品も一度撮っています。

ロマンポルノでサドが原作だと聞くと、多くのみなさんが想像されるであろう作品と、恐らく正反対の作品を彼は撮り上げました。

サドは、18世紀に監獄で長編小説を書き続けた作家です。彼は、もちろん、サディズムの語源として有名ですが、サドの作品を一度でもお読みになった方はお判りになると思いますが、彼の作品は、言葉の洪水です。一つ一つの悪夢ようなな出来事の意義や、悪徳の素晴らしさ(?)を、登場人物が、朗々と何ページにも亙って解説するのです。人類が作り上げた社会規範や倫理を挑発するような、登場人物のセリフ。書物の厚さとストーリーの展開の量のバランスが取れていないのは、この長い長いセリフのせいです。

サドに関して、これまで何度か映画化されて来ましたが、サド文学の本質を、この長いセリフにあると見抜いた神代辰巳は、「新ジュスチーヌ」を原作として、『女地獄・森は濡れた』(1973)という映画を撮りあげます。大正時代に設定されたこの作品で、山谷初男が長々と台詞を語る様は、まさに「難解であり、退屈でもあるサド文学」そのものであり、サドの本質をこのように映画化しえたのは、世界でも神代辰巳だけだと思われます。

一体、何を見て了ったのか。私は何を見て了ったのか。あなたは何を見て了ったのか。神代作品を前にすると、言い知れぬ気持ちが襲い、ただ立ち尽くすしかありません。

彼は、いつでも、我々に問いかけて来ます。「さあ創った。あなた方は、この作品をどのように見る?」と。確かに、映画は、黙って椅子に座っていれば、総てが判るという代物ではないのでした。
 

青森市浪岡事務所および青森市教育委員会を断固糾弾する!!

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 9日(金)02時00分52秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  とんでもない話だ!! 以下のニュース記事を読んで、怒りを覚えない人が果たしているのだろうか!?


<なみおか映画祭>今年限り ポルノ上映で補助金打ち切り

全国の映画ファンに親しまれている青森市の「中世の里なみおか映画祭」の実行委員会は8日、映画祭を大幅に縮小し、今年で最後とすることを決めた。日活ロマンポルノを特集する企画に、市教委が補助金130万円を打ち切り、会場も貸さなくなったため。文化庁は日活ポルノの芸術性を認めて補助を決めていた。

映画祭は92年に「映画館のない町で国内にないような映画祭をやろう」と青森市と合併する前の旧浪岡町で始まり、今年が14回目。これまで国内外からフィルムを買い取るなどして上映してきた。今回は11月19日から23日まで、日活の巨匠と言われた神代辰巳監督を取り上げ、22作品を上映する予定だったが、内容を知った市教委が「補助事業にふさわしくない」として、実行委に補助金を出さないことを伝えていた。
(毎日新聞) - 9月8日22時39分更新


どう思います!? もうこれは日本映画史上、いや、世界映画史上に絶対に記憶されるべき映画監督である、故・神代辰巳監督への侮辱・冒涜だけにとどまらず、にっかつロマンポルノという、「素晴らしい映画作品群を多数作り出し、なおかつ現在の映画界を動かしている映画監督を多数輩出している、映画史に残る貴重な財産」への侮辱・冒涜であり、もうつまるところは、映画そのものへの侮辱・冒涜だと私は思います。

まあ、この記事から察するに、今年で最後ということは、神代辰巳監督特集は今年の映画祭で行うが、それが原因で今年の映画祭は縮小され、今年で映画祭が打ち切りになる、ということのようですな…。いずれにしても、神代辰巳監督を、にっかつロマンポルノを、映画そのものを、青森市浪岡事務所および青森市教育委員会は根本的にナメていることに相違ないわけです。

青森市浪岡事務所および青森市教育委員会は、絶対に許されざる者(たち)です。青森市浪岡事務所および青森市教育委員会のしていることは、絶対に許されざる行為です。これを絶対にみすみす見逃してはならない!! とんでもないことです!!皆さん、断固として、青森市浪岡事務所および青森市教育委員会に抗議しようじゃありませんか!!

私は既に、糾弾・抗議のメールを実名で送りました。皆さんもご協力をお願いいたします。


「なみおか映画祭 実行委員会事務局」の方(シナノさん)と「青森市役所・浪岡事務所」の方(クドウさん)の両方に、電話で事実確認したところ、今回の件は、まず最初に浪岡町(現・青森市浪岡区【青森市と合併】)側から、なみおか映画祭実行委員会に対して、「ポルノ映画を映画祭で上映するのは、社会事業としてふさわしくない」というふうに問題提起してきたそうです。そして、浪岡町となみおか映画祭実行委員会が話し合いを続けた後、最終的に補助金130万円を打ち切り、会場も貸さない、という結論を出したのが、青森市教育委員会であるということだそうです。ですから、事の発端は、浪岡町(現・青森市浪岡区【青森市と合併】)にあるわけです。やはり、私が電話で話したクドウさんという方は、「にっかつロマンポルノ」について、「神代辰巳監督とその映画」について、まったく認知、認識されていませんでした。しかし、意外と私の話に素直に耳を傾けてくれましたね…。これはまだひっくり返せる可能性はあるぞ!!と思いましたね…。



青森市役所
〒030-0822 青森市中央一丁目22-5
TEL:017-734-1111(代表)
aocity@city.aomori.aomori.jp

青森市役所 浪岡事務所
〒038-1392 青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1
TEL:0172-62-1111(代表)

↓青森市役所
http://www.city.aomori.aomori.jp/

↓なみおか映画祭

http://www.nff.jp/

 

ホンマに流されなくてよかったぁ~(笑)、

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 9日(金)01時23分2秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  ハリケーンに(笑)。よっちゃん。結構、ニュース映像観るたびに、「よっちゃん・まりちゃん、ヤバイんとちゃう? でも、いろいろヤバイ目に遭って、何とか無事帰ってきよったら、メッチャオイシイんとちゃうか~?」なんて勝手ながら思ってましたよ(笑)。

まあでも、ああいうとんでもない悲惨な事になったときこそ、人々には音楽が必要やからねぇ。ZYDECO MUSICだって、原点はそこやと思うしね。ブルースやってソウルやってそうやと思うし。音楽って、やっぱり生活や人生、生きていくということそのものに、ものすごく密着しているものなんだよね。悲惨で辛い現実を受け入れつつ、その憂さを一時でも忘れるため、一時でもその憂さを晴らすためのもんなんだよね。音楽って(まあ、音楽だけではないけど)。やっぱり音楽って、「祭り」なんですよね。ZYDECO MUSICは、その要素がものすごく濃いでしょ。だからこそ私は、ZYDECO MUSICにメチャメチャ惹かれるんだよね~。

>毎度ZYDECO MUSIC目当てで行っているのですが、今回は町の人々の復興への底力を目の当たり
>して別の意味でのパワーを授かってきたような気がします。

そうそう、まさにその通りだと思いますよ~。

お土産、楽しみやな~。大雨、ウチは全然、大丈夫でしたよ~。それより、つジさんのところの方が危なかったんだけどね…(笑)。でも、大丈夫だったみたいよ、つジさんところも(笑)。

そうやね、びっとさんによっちゃんにあげる分のオスも持ってきてもらうようにお願いしましょうか。びっとさん、是非ともお願いします~。
 

わー

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月 8日(木)21時53分47秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  よっちゃんお帰りー!  

さらに流れ、逆流

 投稿者:yoshitake  投稿日:2005年 9月 8日(木)12時57分47秒 126-kokusai.music.co.jp
返信・引用
  帰国しました。
ニューリンズの2個隣町のラフィエという町に行ってました。
そこはハリケーン”カトリーナ”の直接的な影響は無いに等しかったのですが、非難してきた人々や町全体でのニューオリンズ救済意識で盛上がっていました。
毎度ZYDECO MUSIC目当てで行っているのですが、今回は町の人々の復興への底力を目の当たりして別の意味でのパワーを授かってきたような気がします。
>おもて&みとん
お土産あるよん。
っつうかさ、杉並区の大雨は大丈夫だった?

>びっとさん
そうか、オス居ないとやっぱりダメなんだ?!
といううか近くにオス居なくてもメスは卵産んじゃうんですね!
今度オスを一匹くださ~い。

http://zydeco.jp/

 

いやいや、流れ悪くないですよ~(笑)。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 2日(金)14時37分23秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  つジさん。そうなんです。並木さんは今までも本気でしたけど、今回は本格的な劇映画ですし、これが正式なと言うべきか、より本格的な劇場公開デビュー作となりますからね。出演する俳優さんたちは既に決まっていて、その俳優さんたちにあて書きした脚本を並木さんがほんの数日で一気に書き上げたんですが、これが実に面白いんです。勢いとエネルギーがあるんですよ。しかも8人ぐらいの俳優さんたちの容姿、人物、キャラクターにピッタリとマッチした脚本でありながら、ただそれだけにとどまらず、並木さんの脚本の中のキャラクターは、その俳優さんたちを見てこちらが想像できる範囲のキャラクターをはるかに超えていて、さらに面白いんですね。つくづく、並木さんをあの例の俳優ワークショップに連れて行ってよかったなぁ~と思いましたよ。

その映画のタイトルは、『すたあ』(仮題)。来年、劇場公開予定です。

http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/space-n.html

 

並木さん、応援してる!

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 9月 2日(金)13時30分49秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  この発言、流れ悪くてごめんなさい。

でも
>新作のために24PのDVカメラを購入するらしく
これ。並木さん、すごい。本気が伝わるねー。すっごい楽しみ。
 

よ~し、そうかい。それなら、

 投稿者:おもてとしひこ(表寿彦)  投稿日:2005年 9月 1日(木)16時52分38秒 wgpproxytn0301.skyweb.jp-t.ne.jp
返信・引用
  堀里勇一くん。

①まず君がオレとヒロキに連絡を取って、飲み会の日程と時間をちゃんと決めてくれよ。しかし何だかヒロキにとってはとんだ迷惑だよなぁ…(ヒロキ、スマン…ここはオレにとことんやらしてくれ…)。場所は必ず、オレん家のアパートだよ。それ以外はNG。ヒロキにも了解取ってあるから。もちろん、当日はみとん(いじりみちよ)もいるからね。そして今度は絶対にドタキャンしないこと。

②それからもうひとつ。飲み会をやるなら、並木さんの映画を必ず手伝うと約束すること。並木さんは今、神奈川の平塚に住んでいるし、夜中の仕事しているし、映画の準備と資金調達に奔走しているから、おいそれとは声掛けられないけど、今度、新作のために24PのDVカメラを購入するらしく、撮影担当の私にカメラ操作の練習を事前にさせてくれるらしいから、そのついでに並木さんに飲み会当日に来てもらって紹介しようかな…と。まあ、いずれにしても、並木さんの撮影を手伝わないんであれば、堀里とは飲んでも意味ないから。ちゃんと手伝うと約束できるんであれば、君とは飲みたいから。そういう前向きに考えて動く人なら、オレはいくらでもサポートするからさ。

以上、2点。それができないなら、飲み会は無し。撮影の手伝いは決して別個じゃないよ。これぐらいのことがちゃんとできないんであれば、そんな人には撮影の手伝いはさせられないから。まあ、飲み会は無かったとしても、撮影を手伝いたいのであれば、君の方からちゃんと決心した上でオレに連絡をくれ。絶対にオレからは君に連絡しないから。

以上、よろしく。堀里勇一くん。
 

(無題)

 投稿者:ほりさと  投稿日:2005年 9月 1日(木)15時01分5秒 proxy157.docomo.ne.jp
返信・引用
  別に彼女に会いたくないとか思っていないし だって中野の時は 何度かおじゃまさせてもらって3にんでお話したじゃない。
だから、会いたくないとかじゃないし、急で本当にに申し訳ないけど 日程変更させていただいたんだよ…

でも、意見ありがとう。
 

いやいや考えすぎじゃねえよ、君の場合は。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 9月 1日(木)13時30分34秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  堀里くんよ。3日がいいって言ったのはそもそも君なんだし。映画の手伝い云々ではなく、要するにヒロキとオレと3人で飲むのはいいわけだろ? ところが、オレん家のアパートで飲むとなると、当然、みとん(いじりみちよ)もいるわけだ。で、結局はそれがイヤなんじゃねえのかよ? 大体、一度OKしときながら、何で「いや~急に親にさ、親戚の介護頼まれちゃって」なんてことになるんだよ? こっちが先なんだからそんなの断れるだろうっての。6月の下北沢ん時もそうだったんじゃねえのかよ? わざわざ下北沢まで来といてさ。映画の上映に遅れたのはしゃーないにしてもさ、何でその後の飲み会にせめて顔ぐらい出さないのかねぇ~? もうすぐ40歳の大人の男が「ちょっと気持ち悪くなったから、帰るわ」はねえだろっての。しかも電話でさ。バイトをズル休みする時の仮病のフリみたいなしゃべり方でさ(苦笑)。その前に遅れる電話くれた時はフツーだったじゃねえかよ(苦笑)。いや確かにあの日は暑かったし、もしかしたら本当に体調が悪かった、もしくは悪くなったのかもしれんよ。だったら、それなりの言い方、断り方ってのがあるだろうっての。オレはバイト先の上司とかじゃないんだから(苦笑)。で、あれも結局は、並木さんとか、みとんとか知らない人がいたから帰ったんじゃねえのか? もうとっくにわかってんだよ。君のそういうところはさ。ハッキリ言ってね、そんなドタキャン繰り返すようなヤツには、映画の撮影の手伝いなんて絶対頼まないよ。もうあの話は無しですわ。もし君がドタキャンするのを改めて反省した上で、どうしても撮影の手伝いをしたいのであれば、君の方からちゃんと「手伝いをしたい」っていう連絡をくれよ。オレの方からは絶対に君には頼んだりしないからさ。人のことを「ちょっと考えすぎだよ~」とか言う前に、まず自分のこと、自分のしてきた行動、言動をよく考えてみろや。

まあ、他のオレに対してムカツいてる人たちからすりゃ、「オマエこそ、自分のこと、自分のしてきた行動、言動をよく考えてみろや!!」って思うんだろうけどさ(苦笑)。まあ、ハッキリ言って、そういう意味では堀里くんは、真の友達だからさ。真の友達だからこそ、ここまで言うんだよ。どうでもいいヤツだったら、オレはここまで言わないよ。

オレはね、内輪の仲間だけで固まったり、その仲間同士だけで盛り上がったりするのは、個人的には大嫌いなんだよ。そこに新しい驚きや発見や、今後の活動への発展、希望、刺激みたいなものが見出せるのであれば、内輪の仲間同士だけの集まりであってもいいんだけどさ。君みたいにただ昔話や最近観た映画の話や「こういうことやりたい、ああいうことしてみたい」みたいな一度も実現した試しのない夢物語的な企画構想話をするだけで終わるんだったら、そんな飲み会には行きたくないんだよ。それだったら、ヒロキとキャバクラとかフィリピン・パブとか女関係の下世話な話をしてた方が全然面白いし、むしろ驚きや発見があるんだよ。よっぽど自分の視野を広げられるからね。オレの本音はそこですわ。つまり正直言うと、君と会ったり電話で話したりしていると、いつもイライラしてくるんですわ。話してても、何ひとつ面白くないし、何も驚きや発見が無いから。そういうこと、どこまで自分で自覚してるのかわからないけど、もっと自分で自覚した方がいいと思うよ。

まあ、そういうわけで、よ~く考えた上で、行動してみてくださいな。堀里くん。
 

誤解

 投稿者:ほりさと  投稿日:2005年 9月 1日(木)12時41分37秒 proxy152.docomo.ne.jp
返信・引用
  こんにちは、映画の手伝いをしたくないので、予定を変えたわけではないのは理解して欲しい。

(^q^)会 が何時になろうが映画の件は、連絡とりあえばいいのだし。

ちょっと考えすぎだよ~。
 

え~と実は下の書き込みはですね・・・(笑)

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月31日(水)13時56分5秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  みとんが私に成りすまして?書いたものです(笑)。ネタばらしちゃいますけど…(笑)。みとんって、自分名義でけいじばんに書き込みしようとすると、一行、二行書くのに1~2時間かかるんですよ(笑)。ところが、私になりすまして書くと、スラスラ書けるんですよ(笑)。どういうことやねん!?ってカンジですけど(笑)。でも、みとんなりに私に成りすまし、私に成りきって書いたみたいですけど、やはりよく読むと違いますね(笑)。まず、私は、「生き物はいつか死んでしまうから悲しい。もう飼うのはやめようか」なんてまったく思ってませんし。これはみとんの考え、思いですからね。まだまだ甘いですなぁ~みとんちゃん(笑)。まあ、「おもて&みとん」名義だから、いいんだけどね(笑)。

びっとさんへ
またまた非常に重要なアドバイス(ご指摘)ありがとうございました。よっちゃん、アメリカ旅行に行っちゃったんで、帰ってきたら伝えておきますよ。いやもう、それは是非、メダカをわけていただきたいです。お父さんにひとつよろしくお願いしますということで…是非、おもとんランドの時にご持参願いたいです~。よろしくお願いします。


堀里勇一くんへ
もう正直、君には心底あきれましたわ…。そんなに知らない人との新しい出会いが怖いんですか?私はハッキリ言って、昔話を懐かしんだりするようなことだけで時間を過ごすようなことはしたくないし、夢物語的な君の企画構想話につきあってられるほどヒマじゃないんだよ。何かやりたいなら、とにかくまず行動せよ!!やってみよ!!すべてはそれからだ。ああいうのやりたい、こういうのやりたいとか言って、結局また何もやらずじまいで10数年を過ごしてきた君のことを私は心から信用できない。何か何でもいいから、失敗してもいいから、とことんやってみろ!!そして何かカタチになって、できあがったら、その時に連絡をくれ。それまではもう君とは会わない。それまではしばしの間、さらば!!堀里勇一!!これを私の愛情と受け取れないのであれば、君とはもう友達でもなんでもない。
 

あ、そうなんですか!

 投稿者:おもて&みとん  投稿日:2005年 8月31日(水)01時46分3秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  なるほど。体外受精ならその通り、無理な話ですね…。
そうでしたかー。いやーそのメダカ、うちの金魚達と同じ七夕祭りですくわれたヤツなもんで思い入れもひとしおだったんでねぇ。何とも複雑ですな。
金魚が居なくなって、「生き物はいつか死んでしまうから悲しい。もう飼うのはやめようか。」と二人共言ってたんですが、びっとさんにそう言って頂くと・・・いいんですかぁ?・・・ではお言葉に甘えて(笑)なーんて思ってしまいます。もしお荷物でなければでいいんで、ウチとしては是非飼わせて頂きたいと思います。もちろんその時は水槽・水草・エアー等必要なものを揃えて、出来るだけ万全の態勢にしときますんで、又ブリーダー的アドバイスをよろしくお願いします。

http://zydeco.jp/

 

チョッと待って!!

 投稿者:びっと  投稿日:2005年 8月30日(火)20時05分25秒 nat-ext-02.cc9.ne.jp
返信・引用
  夢を壊して申し訳無いのですが
大抵のお魚さんは体外受精だと思うので
多分、卵は孵らないかと・・・
雌のお尻に卵をぶら下げている状態でも受精は可能らしいのですが
あくまで雄が一緒に飼われていないと無理な話しだし・・・

うちでは親父がメダカの繁殖をしています(趣味で)
でも「雌一尾じゃやっぱり孵らないだろう」と親父が申しておりました・・・

次の”おもとんランド”の時にでもお土産でメダカ持参しましょうか?
 

マジでっ~!!あのメダカ、

 投稿者:おもて&みとん  投稿日:2005年 8月29日(月)23時28分12秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  メスだったんや!!(笑)それはスゴイ!!稚魚が生まれたら、わけてもらおうかな~(笑)。ということは、すでにすくった時点で妊娠してたってことやね(笑)。意外と、和金とのハーフだったりしてね…(笑)。

いやいや~黄金町&ライブ、楽しかったですよ~。ZYDECO KICKSだけ、完全に浮いてた(笑)じゃなかった(笑)、他のバンドとはまったくタイプがまったく異質だったし、正直、格も音楽性も段違いでしたなぁ。もう少し時間があったら、黄金町をもっと散策できたんだろうけどねぇ~。昨夜は中央線の終電、ギリギリセーフでしたわ~。もう明後日からルイジアナに行くんだね~。無事に帰ってきてくださいな~。そうそう、並木俊彰監督の最新作『すたあ(仮題)』の音楽、是非相談に乗ってくださいませ…。

おもてとしひこ
---------------------------------------------------------------------

よっちゃま、まりちゃま、昨日はありがとう。
そうそう、今までウチらが行った何回かのZYDECO KICKSのライブの中で、一番カッコよかった~!!一番酔ってた一!(笑)
ルイジアナ楽しんできて!気をつけて帰って来てね~。
んで、飲も飲も。ネギ焼き屋も行くでぇ~!

いじりみちよ

http://zydeco.jp/

 

タマゴ産んだ

 投稿者:yoshitake  投稿日:2005年 8月29日(月)16時56分9秒 126-kokusai.music.co.jp
返信・引用
  最後に一匹残っていたメダカがタマゴ生みました。、、、いったい、どこのどいつと?!

それはそうと、おもてさん、みっちゃん、並木さん、昨夜は黄金町までわざわざありがとうございました。
僕はまあまあ飲んでいましたが、まずまずいい演奏をしたと思っとります。どうでしたか?
あ、おもてさん、写真撮って頂きありがとうございました。
明後日からルイジアナのハリケーン"カトリーナちゃん"に突っ込んできますので無事帰ってきたらまた飲みましょう。

http://zydeco.jp/

 

今更ですけど、7/23~24の『FNS ALLSTARS 25時間テレビ』

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月12日(金)01時36分17秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  の『明石家さんまX島田紳助』のフリートークは本当に凄かった!! あれはもう、ここ5年ぐらいで最高のフリートークであり、最高のテレビ番組(映像)でした…。あの夜はあれを観た後、興奮して眠れませんでした…。その後の『かま騒ぎ』も、あれの後では完全にかすんで見えました…。何で今更、それを書いたかと言われたら、ふとまたあの興奮を思い出したからです…。

この↓のページで、私が『明石家さんまX島田紳助』のフリートークを観て感じたこと、思ったこと、その興奮がそのまま語られてますので、これ以上、私が書くことないですね…。

↓ ほぼ日テレビガイドwith『FNS ALLSTARS 25時間テレビ』

http://www.1101.com/2005_TV_25/

 

私の股間はメチャ元気なんですが・・・

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月12日(金)00時21分8秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ウチの金魚(和金)が、つい先ほど一匹(ダイ)が逝ってしまいました…。みとん、涙流して泣いてました…。ついに残るは和金一匹(アカ)…。


>話変わりますが、金魚の水は水道じゃないですか?中和剤入れても溶存酸素量が少ないので水換
>えしてもあまり効果的じゃないような気がします。水換えの時にペットボトルなんかに半分位
>水を入れてシャカシャカ振って酸素を混ぜてやるだけでも違うと思いますよ。また、水温が低い
>ほど溶存酸素量は増えます(逆に温まると酸素が減る)ので水温も意外と重要だったりします。
>(変動させるのはいけません)水温が高いとお魚の酸素消費量が増えて水の溶存酸素量が減る訳
>ですからよい事が有りません。以上、家に何百匹ものメダカを飼っているびっとからのお魚アド
>バイスでした・・・


これは是非とも参考にさせていただきます。何とか「アカ」だけは逝かせないように飼おうと思ってます。貴重なアドバイス、ありがとうございました。

もしよろしければ、10/22(土)にまた性懲りも無く『東京おもとんランド』を開催いたしますので、ご都合よろしければ、是非お越しくださいませ。その時まで、何とか「アカ」を生かして飼い続けますので…。

http://eigaomo.hp.infoseek.co.jp/omotonland.html

 

お元気そうで何よりです。

 投稿者:びっと  投稿日:2005年 8月11日(木)19時16分31秒 nat-ext-02.cc9.ne.jp
返信・引用
  写メール日記見たら、まだまだ元気そうですね!(股間が)
おもてさんのほうが一つ年上のはずですが・・・脱帽です。

話変わりますが、金魚の水は水道じゃないですか?
中和剤入れても溶存酸素量が少ないので水換えしてもあまり効果的じゃないような気がします。
水換えの時にペットボトルなんかに半分位水を入れてシャカシャカ振って酸素を混ぜてやるだけでも違うと思いますよ。
また、水温が低いほど溶存酸素量は増えます(逆に温まると酸素が減る)ので水温も意外と重要だったりします。(変動させるのはいけません)
水温が高いとお魚の酸素消費量が増えて水の溶存酸素量が減る訳ですからよい事が有りません。

以上、家に何百匹ものメダカを飼っているびっとからのお魚アドバイスでした・・・
ちなみに、メダカは親父の趣味です。
ではでは・・・
 

マジでぇ~!? 和金も…

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月 9日(火)14時53分21秒 YahooBB219188123191.bbtec.net
返信・引用
  逝っちゃったんだぁ…う~ん…やはり温度(室温)の上昇と水換え(酸素供給)不足が原因なのかなぁ…とは言っても、よっちゃん日中働いてるから、難しいよねぇ…。私は平日は夕方くらいまで部屋にいるから、水換えも頻繁にできるし、部屋にいる間は冷房つけてるしね…。でも、急激な温度変化でなければ、40度の水温までは耐えられるって金魚飼育のページに書いてあったから、水温よりもやはり水換え、酸素供給不足かなぁ…。ウチの和金2匹「アカ(赤いから)とダイ(だいだい色だから)」(勝手に命名by 突然、8/7の阿佐ヶ谷パールセンターの七夕祭で「金魚すくい&金魚飼育観察」フリークスに変貌した、いじりみちよ(笑))は、今のところ、とりあえず元気ですが…。でもダイソーで買った金魚鉢がメチャメチャ小さいんで、水換えても夜中とかはすぐに水面で口パクパクして酸素欲しがってるからねぇ…。やはりエアーポンプが無い場合は、頻繁に水換えしてあげないとイカンみたいだね。日中、直射日光ではないけど、わりと太陽光線がやんわり差し込んでいる窓際に金魚鉢を置いておくと、全然、水面で口パクパクしないんだよね。ずっーと水中で泳いだままなんだよね。たぶん、水草が多少なりとも光合成して、酸素を少なからず供給してるんじゃないか…と思うんだが…。って何か、小学生の自由研究みたいなこと書いてますが…実はまだ精神的には小・中学生のままなんですわ…私もみとんも。私は小6(笑)。みとんは中2やね(笑)。

こうなったら、ヌマヤの下の店でメダカを何匹か買って、よっちゃんの水槽を「メダカの学校」(何ちゅうベタな…)にしよう!!(笑・でもマジで)そして思い切ってエアーポンプだけでも買っちゃおう!!ウチも買いますから。
 

金魚すくいのキンギョを飼おう

 投稿者:yoshitake  投稿日:2005年 8月 9日(火)13時02分54秒 126-kokusai.music.co.jp
返信・引用
  今朝、和金も逝ってました、、、。
残るはメダカ一匹。
↓一応参考にしましたが、時既に遅しってことです。

http://www.naxnet.or.jp/~zacco/kingyosu.html

 

林由美香追悼上映2

 投稿者:かねこメール  投稿日:2005年 8月 6日(土)02時41分47秒 p17064-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  詳細は下記のブログにあり。
http://blog.livedoor.jp/spotted701/archives/29615770.html
 

林由美香追悼上映

 投稿者:かねこメール  投稿日:2005年 8月 6日(土)02時33分51秒 p17064-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  9月は林由美香追悼上映が多いようです。
9/3(土)テアトル新宿「追悼オールナイトイベント」
9/10(土)~16(金)渋谷シネ・ラ・セットで「ピンク傑作選レイトショー」
9/21(水)~29(木)渋谷UPLINK FACTORYで『由美香』上映
 

過激に行き(生き)ましょう。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月 4日(木)14時02分12秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  >編集の時、もし、二つ方法があって迷ったら、無難な方ではなく、
>過激な方を択んでくださいね。

そうですね、ついつい無難な方を選択してしまいそうになるんですよね…でも、やはりそれではイカンのだと、改めてつじさんの文章で目を覚まされた感じなんですよ。


>大ウケするか、大コケするか、判りませんよね。この「ウケるか拒否されるか、判らないなあ、
>どうなんやろー?」という中にしか、傑作は生まれないと思います。

もう正にこの言葉を信じてやるしかない、と思っておりますよ。


>自分も過激に行きたいです。

是非とも過激に行ってください。つじさんの場合は、本気で自分のやりたいことやり通したら、望まずとも自ずと過激になってしまうのでは…。


>何割が理解してくれるか不明ですから、少しでも多くの理解が欲しいですが、大問題作になる
>ことは間違いないので、問題作になった時点で『東男京女(仮題)』は、勝ちだと思います。

大問題作になるであろう…ということだけは、自分でも確信しております。あとはそれがどこまで世に知られ、世間を騒がすくらいのところまで行けるかどうか…というところですね…これを実現するためには、やはり作品が出来上がってから長期間、マスコミ試写や宣伝活動をちゃんとしないといけないんですよね…。まあ、しかし一番肝心なのは、何よりも作品そのもの、映画そのものが真の意味で「過激」で「凄さまじい」ものであるかどうかですからね。映画そのものが過激で面白ければ、自ずと世間を騒がせてしまうこともありますし…。まずは、そこを妥協せずにとことん突き詰めて撮影・編集・完成させたいと決意を新たにしております。

本当につじさん、ありがとうございました。またヒロキさんに「おもてくんとつじくんが二人でけいじばんで誉めあってると気味悪いんだよね~(笑)」ってツッコまれそうだなぁ~(笑)。
 

大コケ

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 8月 3日(水)12時39分44秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  >とんでもなく大コケするかもしれません
編集の時、もし、二つ方法があって迷ったら、無難な方ではなく、過激な方を択んでくださいね。

大ウケするか、大コケするか、判りませんよね。この「ウケるか拒否されるか、判らないなあ、どうなんやろー?」という中にしか、傑作は生まれないと思います。
普通、つい、無難な方を取りそうになるもんだと思いますけど、やっぱり、、、ね。(迷ってないとこまでわざわざ過激にする必要はないと思いますけれど)

自分も過激に行きたいです。

何割が理解してくれるか不明ですから、少しでも多くの理解が欲しいですが、大問題作になることは間違いないので、問題作になった時点で『東男京女(仮題)』は、勝ちだと思います。

※カラオケボックス、よう憶えてましたなー。読むまで全く忘れてました。
 

そうだったんですか…

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 8月 3日(水)10時24分26秒 YahooBB219188120046.bbtec.net
返信・引用
  つじさん。いや~でも正直に告白すれば、私の方こそ辻豊史監督の『下流』(1983)と『高校生映画』(1984)の二本を10代後半に観て、その「とてつもない底知れぬストレートなパワー」と「怨念のようにフィルムに焼き付けられた魂」の凄まじさを目の当たりにして、正直、心底ショックでしたよ…。二本が連続してPFFにしかも現役の高校生が入選したという事実ももちろん含めて…。激しい嫉妬と羨望と衝撃と茫然自失に襲われ続けていました。とてもこの人には、同じことをしてもかなわない…と。で、どうすればよいのかをひたすら考え続け、ただひたすら過去の世界中の映画を浴びるように観まくり、自分で自分なりの映画批評(まあ感想文みたいなもんですが)を書き続け、ただがむしゃらに自主映画を撮り、とにかく様々な映画批評をむさぼり読みました。そして、ようやく自分なりの自分の映画のあり方を発見することができたんです…。と言っても、まだそれでちゃんとした形では一度も世に出てはいませんが…。『いそぎんちやく』がPFF1991にグランプリ・ノミネートされた時、実は誰よりも早くつじさんに知らせたかったんですよ…。あの頃は、つじさんと断絶していましたが…でも、確か中野武蔵野ホールでの上映に来てもらいましたよね…。上映後にヒロキさんとホリちゃんとハトミくんとキタさんとつじさんと私とで、中野の「クラシック」っていう喫茶店に行って、その後、カラオケボックス入って、その時にキタさんが『伝説の少女』(観月ありさ)を歌い爆笑し、ヒロキさんが全然歌わないホリちゃんに「ホリちゃん、これなら歌えるだろ」って『赤鼻のトナカイ』を勝手に入れたら、ホリちゃんが「♪真っ赤なお鼻のぉ~」って歌いだして爆笑した記憶があります(笑)。そして、7年かかってようやくつじさんと同じスタートラインに立つことができた…ってあの時思いました。6~7年間、私は映画作家・辻豊史の呪縛から解放されませんでしたからね…。そして21世紀に入り、我々は今、もう一度新たなスタートラインに立っている、と私は思っています。私が先にスタートダッシュするのか、つじさんが先にスタートダッシュするのか。どちらでもいい。私はできれば先にスタートダッシュして世に打って出て、つじさんに激しい嫉妬と羨望と衝撃と茫然自失を抱いていただき(笑・そこまでは無理だとは思いますが…)、「何が何でも映画を撮るぞ!!」とつじさんにより決心させ、行動させたい、と誠に自分勝手で傲慢ながら…思っております。まあ、ひょっとしたら、先に世に出るところか、とんでもなく大コケするかもしれませんが…(笑)。そうしたら、大いに笑ってくださいな~(笑)。  

ひとことだけ

 投稿者:つジ  投稿日:2005年 7月30日(土)11時04分8秒 actkyo039148.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  色々、コメントしたいんですが、今日はひとことだけ。

正直に告白すると、今までに何度もおもてさんの作風で自分も作品を作ること考えたことあります。何度も何度も考えて、そして、やめた。

やっぱりやめて良かった。『新・東男京女(仮題)』のラッシュや予告編を見た時に心からそう思いました。同じ方法では勝てません。
 

正直、ハートを撃ち抜かれましたわ・・・。

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 7月29日(金)02時19分31秒 YahooBB219188120010.bbtec.net
返信・引用
  久々に自分のけいじばんに書き込みします。本当は先日亡くなられた、女優・林由美香さんのことをあの亡くなられた時に、書こうと思ったんですが…あえてあの時は書きませんでした…。もう10年以上も前にサトウトシキ監督の撮影現場で二度お会いして以来、一度も会ってお話ししたことさえなかったですから…。今更私が何か書くこともないかなぁ…と…。トシキさんの映画の彼女も素晴らしかったですが、私は個人的には平野勝之監督の『由美香』の林由美香が大好きで、今でも忘れられません。今岡信治(いまおかしんじ)監督の作品でも活躍していたそうですが、私は林由美香さんが出ていた今岡監督の作品を観たことが無いので、それについては、つじさんや他のご覧になられている方々が書かれることを切望します。何かあんまり「追悼」って言葉を使いたくないんですよね。林由美香さんに関しては…。何かあまりに唐突だし、何か死んだとか亡くなったとか言われても、あまりにあっけなかったんで、実感湧かないんですよ…。葬儀にも行こうかと思ったんですが、そういうカンジなんで、行きませんでした…。

唐突ですが、この下に書かれているのは、辻豊史という私の「永遠の映画作家としてのライバル」であり、「永遠の映画作家としての同士(同志)」であり、「いろんな感情を乗り越えて来ても尚、どこか離れられない永遠の友」が、ある登録制会員(?)サイトで私と私の映画『新・東男京女(仮題)』といじりみちよについて紹介・宣伝してくれた文章です。

いやーこれには参りました…。見事にハートの、魂のど真ん中を撃ち抜かれました…。「また自分を誉めてる文章だけ載せるのかよ!!テメエは自分に都合の良い文章とか書き込みだけを載せて、都合の悪い書き込みは無視か削除すんのかよ!!」と思われるでしょうが、その通りです(笑)。やっぱ正直、腹立ちますもん。ムカツクこと書かれたらね。ワガママな子供のままなんですもん、私は。もうそれは否定しませんわ。これからも、私がしょーもないと思った、ムカツク書き込みは削除しまっせ。せやけど、このつじさんの文章はね、よー読みなはれ。ただいたずらに誉めてるだけではないんですわ。私はこれを私へのエールであると同時に、おもてよ、オマエはこうあるべきだ!!それで行け!!と言う啓蒙と言うか、導き、挑発であると思いました。私を厳しく律しようとしてくれている。そして、またこれは映画作家・つじさん自身への挑発でもあると思いました。どこまでも愚直すぎるぐらい愚直なこの辻豊史なる男、真の意味で、油断大敵です(笑)。だから離れられんのです。だから絶対にこの人だけは、離さないんです。



関係:感動
おもてとしひこは本名。

1・おもてとしひこのHPは、整理されていない
http://omochin3.hp.infoseek.co.jp/
しかし、これは、彼がやろうとしている『(仮題)新・東男京女』のコンセプトそのものとも言える。

2・おもてとしひこといじりみちよの携帯メールは公開されている
http://love.ap.teacup.com/shameerunikki/
まだ見ぬ『(仮題)新・東男京女』を見たあとなら、このメール公開で彼がやろうとしていることが判るだろう。

3・『(仮題)新・東男京女』は、
二人の愛の生活、理不尽なケンカ、性のこと、病気のこと、何年分を撮ったビデオを一気に何時間の映画作品としてしまおうという企画である。

赤裸々以上。生活全部をカメラは捉える。
そんなものを見て、何かになるのだろうか? そんなものを見て、面白いのだろうか?

その疑問は尤もである。しかし、おもてがつないだラッシュを見た時、私は不覚にも涙を流した。おもての赤裸々は過激である。自分の欠点も長所も全部一緒くただ。

けれど、自分をさらけ出せる者なら、赤裸々であることなんて、誰でもできる。そういう批判も聞こえてきそうだ。

だがしかし、それならなぜ、おもてが古典映画を湯水を浴びるように見続けるのか。その疑問に答えられるだろうか?

おもてとしひこは、露出狂ではない。


4・おもてとしひこ
http://omochin3.hp.infoseek.co.jp/profile.htm

アートが、「天才が作る特別な作品」から、「作品を作ること、そのものへの問い」へと世界的にシフトしている中で、文学も、音楽もその流れにあり、同じように、フィクション映画も、即興やドキュメンタリーを取り込んで発展している。

おもては、そのことに実に敏感で、思えば、85年「さらば映画少年」に既にその方法論を見ることができる。88年「東京ホームシック・ブルース」、91年「いそぎんちやく」では、多くの声が「こんなものは映画ではない」と感情的に叫び、おもてを批判した。

しかし、おもての才能をいち早く見抜いたPFF(ぴあフィルムフェスティバル)は、おもてに賞を与え、異例の激賞をした。


5・おもてのコピーのような映画やTV番組
その後、90年代後半に入って、まるでおもて作品のコピーのような作品が、映画界や、TV番組で見られるようになって行く。実際、猿岩石のインドの旅や、「あいのり」など、TV番組は、「台本があるのに台本がないかのような、ドキュメンタリー=フィクション」を今でも量産し続けている。

おもてのしたことは、早すぎたのか? おもての過激さをマイルドにした映画やTV番組が世にあふれる中、おもてとしひこは何をしているのだろうか?

その過激性に折り合いをつけ、TV業界に就職すれば、おもてはいまごろ、六本木で高級外車を乗り回していたに違いない。しかし、おもてが選択したのは、過激さをより徹底することであった。

「一見、露出狂であれば誰にでも撮れそうな作品」と取り組んでいるおもて。しかし、その実、おもてが目指すのは、映画の可能性と限界である。その視点の有無と、この主題に切り込める才能が、おもてを、その真似をする作家から隔てている。

誰かが、おもての真似をしたり、おもてに似ていることをすればするだけ、おもての独自性は、まばゆく輝くばかりだ。おもての作品は、美しいものばかりを映すわけではない。しかし、映画の最後、本当にあなたは涙を流さずにスクリーンを見つめられるだろうか? 生きること。映画を作ること。他人と時間を分かち合うこと。なじり、いじめ、殴り、そして、腹の底から笑うこと。つまり、せいいっぱい、走ること。

おもてとしひこといじりみちよの格闘は、生きることの困難と喜びそのものだ。『(仮題)新・東男京女』は、目をそらさず映画と向き合える者に感動を約束する。公開が待たれるこの作品のタイトルをぜひ憶えて欲しい。
 

今週末、6月25日(土)・26日(日)はトリウッドへ

 投稿者:並木メール  投稿日:2005年 6月22日(水)23時52分23秒 white5.scn-net.ne.jp
返信・引用
  おもてさん・いじりさん、お世話になり続けています。
日曜日はありがとうございました。
特に川口さん・宮坂さんの熱いコメント・激励には感動いたしました。
また、河野さん、あすかちゃん、宮野さん、金子さん、中村さんご来場ありがとうございました。
とうことで、まだやります。

6月25日(土) たとえ捕まっても「映画」って言い切ります!
バンコクの路地裏に何を見た? サラリーマン撮影奮闘記
『ソイ ナナ』
2001年 DV52分 (出演)櫻井想子他(監督)並木俊彰(ロケ地)バンコク他
http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/N-Project.html

6月26(日) 同級生の林君に大ウケ、演出はすべてアルコールに頼りました。
大東亜帝国万歳!アル中部隊参戦の記録
『飲ミツヅケマス 勝ツマデハ』
2004年 DV52分 (出演)高橋信幸他(監督)並木俊彰(ロケ地)長野・山梨
http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/nomikatu.html

上映時間:いずれも7:00pm上映スタート
料金:当日券のみ 一律500円
会場:短編映画館トリウッド・スニークプレビューにて
   東京都世田谷区代沢5-32-5 シェルボ下北沢2F
   京王線・小田急線 下北沢駅より徒歩10分
問い合わせ:090-1946-3799(並木)

http://www.scn-net.ne.jp/~space-n/space-n.html

 

よっちゃん&まりちゃん、

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 6月22日(水)17時43分20秒 wgpproxytn0401.skyweb.jp-t.ne.jp
返信・引用
  こないだは突然、夜中に乱入した上、長居して、しょーもない話を延々としてしまいまして…誠に申し訳なかったです…。土曜日の夜、ライブですかぁ~。土曜夜、ちょうど同じくらいの時間に下北沢で並木さんの映画の上映に行く予定なんすよ。昔の友人を誘って。でも、その友人が行かないことになったら、行けますので。  

エディさん、みっちゃん、こんばんは!

 投稿者:yoshitake  投稿日:2005年 6月21日(火)23時16分55秒 210-20-93-154.rev.home.ne.jp
返信・引用
  6/25(土) 自由が丘 MardiGras
- ZYDECO TRAIL RIDE vol.4 -
Open 19:00 Start 20:00 チャージ 1300円
[ ZYDECO KICKS ]
中林由武 - accordion , Vo
竹内"KEKE"靖人 - wood bass , fiddle
西田琢 - guitar , fiddle
菅正一 - drums
Fumika - rub board 1号
Mariko - rub board 2号

c/w A-2-FE (湯浅康男 他)
※自由が丘 MardiGras TEL:03-3722-6892
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/

「LONG TIME NO SEE」
アメリカ人と二回目以降に会う時に必ず言う、僕が一番最初に覚えた「粋に違いない」と思い込んでる英語です!

http://zydeco.jp/

 

すみません、今ネット

 投稿者:おもてとしひこ  投稿日:2005年 6月19日(日)17時39分59秒 wgpproxytn0201.skyweb.jp-t.ne.jp
返信・引用
  見れないんですよ。実は。15日から自宅のネットが停止になってまして。料金滞納で。これ、ケイタイから書いてます。そうっすか~。残念っすね~。白土さんも草川さんも今日来れなくなったらしいっすわ…。来週の土日もやってますんで、よろしくお願いします。  

レンタル掲示板
/3