teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/284 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自決鼠(スーサイズラット4/1

 投稿者:DTO  投稿日:2017年 8月13日(日)03時42分30秒
  通報
  ☆自決鼠(スーサイズラット)☆

◇生物概要◇

大型の肉食齧歯類で、群れを形成し繁殖相手を求めて長距離の
移動を行う事から「旅鼠」とも言う。
雄のみで雌はおらず、他種族の雌を犯して孕ますことで
繁殖するのだが、その理由はこの種が原種の半海棲の齧歯類だった頃に
深く起因している。
元々はアシカやオットセイの様に一頭の雄を中心にハーレムを形成し、
繁殖期にはその中で交尾・子育てを行うスタイルであったが、
その一方で群れを持てない雄は「はぐれ雄」となり、同様の個体と
集まって群れを作るようになったはぐれ雄の集団がよく性処理の為
他種族の雌を犯していたが、その中から突然変異で異種交配により
繁殖できる個体が出現、さらに海での生存競争に敗れ
陸上に餌を求めるようになった結果、元々遊泳に適した短い手足が、
異種交配を繰り返す内に体型や体格の異なる相手を組み敷いて
種付けするのに都合が良い長い手足や器用な指に淘汰された事で
本格的に陸上に特化した独立種として殖えはじめたらしい。
洞窟や建物を自分達の住処へと作り替える習性があり、
壁や床を掘削したり顎下から分泌するワックスで泥やゴミを固め
壁や通路、階段すら作成する。
また手先が器用で、人間の様に道具を使用したり作成したりする事も可能。
こうして自決鼠が侵入した場所は数時間と経たずに元の土地勘など
一切通用しない魔窟と化してしまう。
また自然の洞窟などより他の生物の巣を好んで乗っ取り、
恐ろしい事に特に人間の建造物を最も好んで住み着く。
そして本種の名前の由来でもある、最も警戒するべき能力が、
外敵に追い詰められた際に見せる「自爆攻撃」である。
体内の化学物質を混ぜ合わせる事によって発動するそれは、
爆音と衝撃波と共に辺り一面に有毒ガスと砕けた骨片をばらまき、
至近距離で食らえば革鎧程度では即死も有り得る。

その危険性、醜悪さから人類とは長い間戦い続けており、
古くからの発生地域では本種に対する予測・予防・そして撃退法が
確立しているため、現在の被害自体は数字上かなり少ないが、
そうした対策が徹底していない土地に不意に現れた場合、
悲惨な事案が発生する事も未なくない。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/284 《前のページ | 次のページ》
/284