teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


いやー、なんとか2016年中には

 投稿者:DTO  投稿日:2016年12月31日(土)15時39分28秒
  にしても遅ぇやいww
あと人丸さん、夏の感想有難うございました。
異種姦無しの旧作後日談はいかがだったでしょうか?
ちなみにあれのドーナツ屋とhttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7062094
ラストで登場する戦士の兄ちゃんは兄弟で、両親はデビュー作の医者と犬娘です。
あれから結構年月経ってるのである。
 
 

魔土手1/3

 投稿者:DTO  投稿日:2016年12月31日(土)15時21分32秒
編集済
  ☆ソイルフィスト/魔土手☆

◇生物概要◇

熱帯雨林に生息する、半水棲のハゼの一種。
大きさはおよそ15㎝程で腹が減ると特殊な粘液で土を溶かして陸上への「泥のトンネル」を
作り獲物を捕る。
名前の由来は胸部に胸鰭が変化した二対の指を持ち、頭を含めると穴から泥まみれの身体を
出して獲物を捕る姿がまるで泥で出来た手の様に見える所から来ており、この指は流木や川底に
しがみついて身体を固定したり、カエルやウズラ、ノウサギなどを捕まえて穴に
引きずり込むのに用いる他、一種のレーダー兼放電器官も兼ねており、微弱な電気を察知して
獲物の位置を探ったり、逆に捕らえた獲物に弱電流を流して感覚を狂わせたり出来る。
通常は単体で活動し、見た目の仰々しさに対して人間には特に実害の無い生物だが、ただ
繁殖期のシーズンだけは群体化し哺乳動物の雌を襲って繁殖する為注意が必要。
その方法はまず大型の哺乳動物がソイルフィストの棲息域の近くで放尿すると、その匂いから
雄か雌か判断し、後者と判断した場合あたかも一個の生物の様に集団で襲い掛かって
地面に引きずり倒し拘束、指からの微弱な電流で被害者の神経を狂わせ抵抗力を奪いながら、
無数の泥の手で身体中を弄びながら個々の個体が順番に被害者を犯す。
ソイルフィストには雄がいなく、全てが卵細胞を持つ雌だが、他の生物の子宮に卵子を
産み付けることによってその胎内で卵を育てる、産み付けられた卵子は、精子の様に胎内を
泳ぎ卵管内で被害者の卵子と融合、その機能の一部を乗っ取ると子宮に着床して胎児の様に
臍の緒で繋がり養分を失敬しながらものの1~2時間程で2~30匹程の稚魚に成長、
やがて一斉に胎内から這い出して近くの河川や湖水に行き住み着く。

また、繁殖相手には当然人間も含まれ、近年は船舶や材木にしがみついて人間の生活圏に
入り込んだ個体が女児を襲うケースも報告されている。
 

魔土手2/3

 投稿者:DTO  投稿日:2016年12月31日(土)15時20分53秒
編集済
  ◇被害報告1◇

「んっ…んあぁっ、ふあっ…」
河岸の大きな茂みの影で、年の頃は10を数えるかどうかと言った所の幼い少女が、
甘い声を上げながらその身をくねらせる。
少女の身体は地面から大量に涌いてきたソイルフィストの「手」で展翅された蝶のように
大の字に地面に貼り付けられ、怪魚達はその身体のあちこちを軟泥で汚しながら服の中に
潜り込み、本当の人の手の様に桜色の乳首をつまみ上げたり柔らかな尻肉を左右に押し広げ
ながらいやらしく揉みしだいたりする。

「んんっっっつ!あっ、あっ、んあぁぁっ」

ソイルフィストの指に触れられた場所が蚊に食われた痕のように熱をもってむず痒く疼き、
触れられる度に少女が嬌声を上げながら背筋や臀部を跳ね上げる。
指から発せられる弱電流が少女の神経を刺激し、あたかも性感帯の様に敏感にしている為だ。
シャツを押し開きながら胸に張り付いた個体が、ブラをずらして色素の薄い乳首を転がす様に
弄び、太ももにしがみついた3~4匹が内側を中心に撫でる様に這い回る度に少女の口からは
荒い吐息が漏れる。
紺色のスカートの中では小さな臀部をまるでわしづかみするかのように張り付きいた個体が、
クチュクチュと湿った音を立てて蠢いていた。

「ひああっ!…ふひゃっ、んふぃぃっ、ひにゃあぁんっ…」

怪魚が蠢動する度に、少女の声が一際高く上擦り、腰から尻にかけてのなだらかな曲線が
くいっと跳ねる。
尻鰭が変化した輸卵器が、ペニスの様に少女の性器を貫き犯しているのだ。
しかし何度卵子の混ざった粘液を胎内に吐き出されても、本来とっくに達しているほどの
快楽を感じているにも関わらず、少女は決して絶頂に達する事は無く、大量に順番待ちしている
怪魚が新たに股間に張り付き、卵子を吐き出し剥がれ落ちるのをただただ蕩けた目で見つめている。
これもまた怪魚の仕業であり、活かさず殺さず生殺しのまま性感を与え続ける事で
生殖系を活性化させ着床し易くし、また既に着床していた場合は胎児の生育を早める
悪魔的な繁殖のメカニズムであった。

「んあぁっ!はあっ、ひにゃあっ!…イキたひ、イキたはひぃぃい…」

感覚を改変されてまで絶えず与えられる性欲の無間地獄に呼吸すら満足に出来ず、
粘液で膨らんだ腹を揺らしながら一刻も早い快楽の解放を哀願する少女。
だが、この快楽の無限ループが決壊する時はそう遠くない、なぜなら彼女の腹部の膨らみは
既に注入された粘液によるものではなく、その胎内では既に何かが妖しく蠢いているからだ。
その時が来れば、彼女はこの世ならざる絶頂に悶えながら無数の怪魚の稚魚を産み落とすことになるのだ…
 

魔土手3/3

 投稿者:DTO  投稿日:2016年12月31日(土)15時19分55秒
編集済
  ◇被害報告2◇

「んぁあんあっ、くっ、や、やめろぉ……ひぁっ」

川の付近で友達と遊んでいた少女が、こっそり草むらで用を足していた所を襲われ、
そのまま仰向けに手足を拘束されたあられもない姿で悲鳴を上げる。
服装こそ彼女の男の子に混じって球技や隠れ鬼などの遊戯に興じるのを好む性格に
似つかわしいボーイッシュな物だったが、怪魚達の手ではだけられたシャツや
ジャンパーから覗く腹部や胸元、用を足す際に下ろしたホットパンツから露になった
尻などからは、女の子の肌特有の甘い匂いが漂って来る。
それらの無防備でデリケートな場所を、怪魚達の指が泥で汚しながら這いずり回り、
幼い女体から無理矢理淫らな劣情を引き出す。

「くっ、変なトコばかり触るなっ…ひぁんっ!」

やがて怪魚の一匹の「手」の中指に当たる部分~目が退化した頭部が、少女のうっすら
火照って湿り気を帯びた大事な場所に伸びる。

「いっ?ぎいぁっ!!」

少女の口から、急に焼けた火箸を当てられたような獣じみた悲鳴が上がる。
怪魚が割れ目の肉を押し分けて頭部を潜り込ませ、その奥のかわいらしいピンクの突起を
口の周りにコロナ状に生えたヒゲでブラッシングしているのだ、無論、ヒゲにも指と同じ
機能があるのは言うまでもない。
人間の手で言うと中指に当たる頭部がぷっくりした肉の割れ目に埋まり、クチュクチュと
音を立ててうごく度に、未知の感覚による獣じみた悲鳴が響き続け、それに絵の具を
落とした様に見る間に甘ったるい艶が混じり始めた

「ひぎぃっ!あ、あ、あん、あぐぅっ」

激しい責めで、少女の腰が前後にガクガク揺れ、その弾みで頭に被っていた大きな
ハンチング帽が滑り落ち、畳んでいた長い赤毛が柔肌の控えめな曲面に沿って流れ落ちた。

「あがっ、が、ぐぅ…はっ、はっ、あぅっ、かはぁっ」
少女の身体の芯でぞわりとした感覚が爆発的に膨れ上がり、体全体が激しく痙攣する。
怪魚はついに膣内にまで侵入を開始し、無惨に幼い純潔を奪い去っていた、無論、生体電流で
感覚を狂わせ破瓜の痛みを含む全ての刺激を強い性的快感に変換する事も忘れない。
閉じる事を忘れた口元からは唾液が滴り、瞳孔が極限まで小さく絞られた。

「んあぁぁぁ――――っ!あんっ、あんっ、ひぎゃうっ」

あたかもペニスの様に注送を繰り返し、少女に快楽を与えながら、怪魚は更にその身体の
奥に侵入せんと子宮口をヒゲで撫で回す。
そして事もあろうに子宮口の筋肉をヒゲで弛緩させ、子宮内への侵入を開始し始めたのだ。
子宮を犯す怪魚のヒゲが卵管を探り当て、その先の卵巣までも伸びる。
次の瞬間、少女の理性と言葉が一瞬にしてはかなく消え去り、煮えたぎる欲望と子を成す
本能のみの雌へと堕ちて行った。

「……っはっ!…かはっ…ひひゅう……っ!」

少女の小さなお尻が雌芯に怪魚の頭部をくわえ込みながら大きく跳ね、熱く疼く子宮が、
いや卵巣が、命令系統を逆しまに脳と身体中の神経に媾合(まぐわ)え、孕め、産み落とせと
命じる。

「ぅああぁぁぁぅ!あっ、あっうあぁ、はあぁぁぁん!!」

手足を拘束された状態で、少女は自ら激しく身を捩り腰を上下させる、腰にしがみついていた
怪魚は下準備を終えた事を確認すると、ゆっくりと頭部を陰部から引き抜いた。

「ひあぁっ!…嫌っ、抜い…ちゃ…っはっ」

責めを中断され、盛った雌犬の如く浅ましく腰を振る少女に応えるように、怪魚の腹部から
アサガオの蕾の様なパラソル状に折り畳まれた肉色の輸卵器がずるりと伸び、あれだけ
弄り回され蜜を滴らせているにも関わらず、未だぴっちりと閉じた肉の割れ目に押し入る。
輸卵器が少女の小さな膣を内側から限界まで拡げ、膣膣内を前後に滑る度に、少女は悲鳴とも
嬌声ともつかぬ浅ましい哭き声を上げた。

「ぁあっ!!あんっ、あっ、あっあ、ひああぁぁあ!」

そこから数歩程度の距離で、先に怪魚に犯されていた少女がその両脚をMの字に広げ
大地に寝そべり、泥濘を褥に息を荒げている。
紺色のスカート越しにも判るほど丸く膨らんだ下腹部は明らかに呼吸や内臓の蠕動とは
違う動きを見せ、破水したらしくスカートの股間を中心に黒く濡れ染みが広がっている、
どうやら出産が近い様だ。

「はあっ、はあっ…あっ、あ、が、かはあっ、あくぅぅぅ――っ!あ、あ、んっ!
う、産まれ…ひはゃあぁっ!!」

遂に骨盤が開き子宮口が中から押し広げられ、胎内にいたモノが少女の狭い産道を滑り落ちる。
同時にこれまで生殺し状態で繋ぎ止められていた絶頂が堰を切ったように押し寄せ、
敏感になった身体をこれまでのそれに数倍する刺激が襲った。

「あ、あ!がっ!………はぅっ~~~~~~っ!!あっ!あ、あ、あんっ……んあぁぁぁっ!!あぁっ…」

獣じみた浅ましい声を上げ続けながら少女の身体が何度も痙攣し、やがて赤子の頭程の
太さの円筒状の半透明の物体…一本の臍の緒に無数にぶら下がった稚魚の塊が、花開く様に
一斉に指を広げ巨大な毛虫の様に蠢きながら少女の小さな肉体から膣口や太ももに手を掛けて
這い出して来る。
産道と膣の内壁を無数の小さな指とヒゲが掻き毟り、火照った身体を更に苛んだ。

「う゛あぁ!が、が……ぴゃぁぁあ……」

叫び続けて息も絶え絶えになりながらも、未だ声を絞りだし悶絶する少女。
その姿はそのまま、今まさに託卵されている赤毛の少女の1時間から十数分後の未来であり、
また彼女自身にとってもそうなる事だろう。

快楽に灼き切れ、時折一度の絶頂で処理し切れなかった快感がぶり返しビクビクと身体を
震わせながら、人形の様に手足を投げ出しぺたりと座り込む少女の耳に、赤毛の少女の物では
ない誰かの抵抗する物音と、艶を帯びた声が聞こえる。
どうやら、また誰か捕まったらしかった。
 

(無題)

 投稿者:人丸  投稿日:2016年12月30日(金)10時42分13秒
  DTOさんのSSくっそエロいw (感想遅いわ!)  

とある後日談4/1

 投稿者:DTO  投稿日:2016年 8月15日(月)02時03分27秒
                                      ◇午後の秘め事◇

「あっ…ふあぁっ、んうっ」

ドーナツ屋の屋台の中で、店員の犬頭人の青年が白いワンピースを着た猫族の女の子を膝の上に乗せ、女の子は蕩然とした表情で度々微かな呻き声を上げながら、信頼し切った様子で青年に身体を預けていた。青年は腕の中に軽い体の重みと高めの体温を感じながら、女の子のスカートに手を入れ、無毛のスリットに指を沈めて小刻みに動かしている。
午後の仕事前のわずかな時間、この少女、シャンテイと身体を重ねる事が、青年のここ暫くの日課になっていた。
事の発端はほんの数日前。
ある事件に関わった縁で彼女を引き取る事になった時の事だ。

                   ◇

 

とある後日談4/2

 投稿者:DTO  投稿日:2016年 8月15日(月)02時00分20秒
                     ◇

「はい、これで必要な書類は全部ですね、お疲れ様でした。
後はこのプリントをよく読んでおいて下さいね。
とても重要な事が書いてありますので」


青年は開いてるのか閉じてるのかわからない細目の、役所の孤児担当の狐族の女性職員から渡されたプリントを一瞥し、深いため息をついた後プリントを丁寧に折り畳むと…

開いていた窓目掛け放り投げた。しかも紙ヒコーキにして。

「ちょ!おま!あなた何しくさってんですかぁーっ!そんな公序良俗に背くモンを不特定多数の目に」

紙ヒコーキが外に飛んで行くのを、すんでの所で女性職員が見事なダイビングキャッチで阻止する。

「やかましい!『そんな公序良俗に背くモン』で子供をどーしろっつーんじゃ!」

そこに書かれていたのは、ピクトグラムの様に簡略化されてこそいたが、明らかに女性の身体をまさぐり性的な愛撫を行っている図であった。しかも心なしか女性側がやたら体格差があると言うか小さい。

「だ・か・ら、性欲処理なんですよ。
本来ならそういう物は成長と共に勝手に興味を持って覚えるんですが、今回被害にあったコ達のケースだと、事件で異常活性させられた性衝動が強すぎて、重篤な場合は放置しちゃうと精神に異常をきたしかねないですし、ちゃんと大人が付いて管理してあげないと。」

ちなみに事件というのは、この町に半動物半植物の危険生物が侵入し、女子児童数名が繁殖目的で拉致され、種子を産まされた事件だ
被害にあった女児達の身体には事件が解決した今も影響が残り、歳不相応な強い性衝動もその一つだった。

「ですから、たまにこうやって発散させてあげて欲しいんです」

「はあ、なるほど…」

「ちなみに本番とか、まして中に出しちゃったりしちゃダメですョ。
単なる発情じゃなくてもう、生殖系全部が活性化しちゃってますんで。
そりゃもう『妊娠しやすい』なんて話じゃなく、種付けしたら人間が相手でも一発必中ですからね。
…まあやらないとは思いますが、もし孕ませちゃったりなんかしたら…」

しばらくイヤな沈黙を挟んだ後、狐族のお姉さんが口を開きニッコリ一言

「去勢しちゃいます、個人的に」

…今年一番の怖さだったという。

 

とある後日談4/3

 投稿者:DTO  投稿日:2016年 8月15日(月)01時57分41秒
編集済
                     ◇

「あっ、あっ、くふぅ、お兄さっ、お兄さぁんっ」

絶頂の予感に声を殺し、シャンテイは青年の二の腕に爪を立ててしがみつく。
青年の上半身はシャツ一枚だった、制服のままだと爪で傷んで説明に困る為だ。
その代わり彼はいつも生傷が絶えなかったが、そこは「お転婆娘を引き取った苦労」とごまかせた。
がっちり上半身に掴まりながら、青年の手指を呑み込んだ臀部だけが激しく上下に律動し、いよいよ絶頂を迎えようとしたその時。

「おー、やってるやってる!兄ちゃーん!ドーナツ一袋ー!」

聞き慣れた声に、睦事の真っ最中だった二人は慌て離れる。
声の主は、ここの数少ない常連客である長耳族の少女だった。

「や、やあミミちゃん、今日は早いねえ。」
「あはは…ごめんごめん、まだ休憩中だった?なんか制服脱いじゃってるし、そういやシャンちーも居ないけど…トイレ?」

常連客ならではの疑問点が矢継ぎ早に飛び出し、青年の額から喉元にかけてイヤな汗が伝う、なんだか名探偵に尋問されている犯罪者の気分になった。

「あ、あはは…うん、まあそんな所かな」

どうやらこの常連客の少女~ミミ・アトランタは、勝手にこちらの都合のいい形に解釈してくれているようだ、となれば残る問題は咄嗟に隠れたシャンテイである。
何しろまだ青年のエプロンの陰に居るのだから。


「それじゃちょっと待っててね、今油を火に掛けるから…」

そう言うと青年はさりげなくシンクで手を洗い、コンロに火を入れて油のはいった鍋を置こうとした。が…
「!?」

突如、股間部に違和感を感じ、青年の動きが止まる。
「?どったの兄ちゃん、ゴキブリでもいた?」
「い、いや、何でもない、よ…」

ひとまずお茶を濁したが、問題は去っていない。
ってゆーか、この状況で誰がやったかなんて考えるまでもない。
青年はミミから中が見えない様に気をつけながらエプロンをめくり中を確認する。

「あむっ、んっ…ふっ、ちゅつ…」
(…なにやってんの君ぃぃぃぃい!!)

エプロンノ裏では、シャンテイがズボンのファスナーから青年の大事な所をひっばり出し、事もあろうに口に含んで舐め回している。猫族のざらざらした舌で転がされる感覚はかなり強烈で、青年の分身は早くも硬くなり始めていた。

(だって、もう少しでイけそうだったのに…あたしほったらかして、ミミちゃんとばっか…
いーもん、だったらこっちはこっちです勝手にしちゃうもんねーっ)

シャンテイは不満げにジトっとした視線を投げ掛けると、ワンピースの裾をたくし上げ、半立ちの肉棒を別の生き物の様に蠢いている自らの秘所にあてがう。

(あっ、いや、ちょっまっ、それはやばいって…)
「ねー、もう油ブクブクいってるよー」

ミミの言葉に反応し、青年がカウンターに向き直ったその時だった。

ズプゥッ

「うっ?!」

青年のモノが、熱く湿った狭くきつい場所に飲み込まれたのは。

(はひゅぅぅぅうっ!)

すっかり出来上がっていた秘所にとどめを刺され、シャンテイが押し殺した声を漏らす、彼女はそのまま腰を振り始めた。

(まっ、まずい!!このままじゃ去せ…いや、それ以前のっ!!)
「兄ちゃんすごい汗だけど…大丈夫?体の調子でも悪いの?」

度々感付かれそうになって焦るものの、今は怪しまれないためにも動くわけにはいかない、青年は徐々に強まってくる射精の感覚を必死にねじ伏せながら、平静を装ってドーナツを揚げていた。
その間にも、シャンテイの腰使いはより激しさを増して行く。

(他の子と話してたっていい、でも今だけは、あたしと繋がっててっ!!)

シャンテイは片脚を上げると、それを青年の腰に引っ掛け、器用に体勢を反転せて青年の身体に巻き付き、猛然とラストスパートを懸けてきた。

(んぐぐうぅぅーっ!)

青年の射精感は、最早限界に達している。

「はい、お待たせ、すこしサービスして置いたからね。」

何とか一袋分+αのドーナツを揚げきった青年、後はこの娘に帰ってもらえれば…
が、

「わーい、じゃあシャンちー来るまでここで待ってるね。」

ピシッ
何かにヒビが入る音がした。
鉄の意思で生理的な衝動に抗っていた男の、その精神が砕ける音が。

ドプッ、クピッ、ピッピッピッ

(はあっ、イク、イクうっ、お兄さんの、いっぱい…あっ、あぁぁあーーーっ!!)

エプロンの裏側で、シャンテイの腰が数回わななき、青年の精子が余す所なく、幼い身体の奥に注ぎ込まれた。

「今日は学校半日で、部活も休みだしさ、一緒に食べよーかなーって…」

最後の方の言葉は、正直よく聞こえなかった。
 

とある後日談4/4

 投稿者:DTO  投稿日:2016年 8月15日(月)01時55分13秒
編集済
                      ◇

その後、なに食わぬ顔で出てきたシャンテイは、ミミとしばらく他愛も無い話をしていたが、やがて彼女が帰ると、また二人きりの時間が始まった。

(一発必中、一発必中…)

割とヘビーな自己嫌悪に陥りながら、青年は案山子の様に突っ立っている。
それでも身体が勝手に動いて仕込みや接客を行う辺り、さすがプロと言うか骨の髄までくそ真面目と言うか。

「ねー、お兄さん、もっとしゃんとしてないと、お客さん逃げちゃうよー?」

客脚が一旦途切れた所を見計らって、シャンテイが青年に話しかける。

「あー、どーなつー、あげたてのどーなつはいらんかねー」

へんじがない、いけるしかばねのようだ。

声かけを何度か繰り返したものの反応は変わらず、シャンテイはすこし怒ったような顔をした後、舌が触れそうな程顔を近づけ、何か耳打ちした。

次の瞬間、青年の目が皿の様に広がり、寝起きの様なきょとんとした表情で、すぐ離れて呼び込みを始めたシャンテイの後ろ姿を眺めていた。

「あたし、嫌じゃ無いからねっ」

青年の頭の中で、しばらくその言葉は木霊のように反響していた。

頑張れ、青年。
まだ去勢の件が未解決だかな。

                  っ◇

その頃役所では。

「マリーシャさん、あの話って本当ですか?」
「あの話って言いますと…あぁ、透蔦獣のですか、確かにそう言う効果はありますが、せいぜい3日が限度ですよ。
まあ、男性がアレの被害者引き取る時には必ずあの話して脅しとくんですけどねー」

セーーーフ!!
 

訂正

 投稿者:ササメ  投稿日:2016年 3月12日(土)09時18分27秒
  すいませんDL.comでなく
DLsiteでした
 

レンタル掲示板
/28