teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初めまして

 投稿者:ふくすけ  投稿日:2013年 2月22日(金)13時11分8秒
  とても楽しく勉強になりました。有り難うございます。
フェルメールが好きですが、まだ実際には観たことがありません。
いつの日か、フェルメール作品と出逢えるのを楽しみにしています。

BBCの「シャーロック」というテレビドラマ(現代のシャーロック・ホームズという設定)で、フェルメールの贋作を見抜くシーンがありました。
その絵は『デルフトの夜景』です。

ごんさまでしたら、どのように推理をなさるのか。
フェルメールファンから見ると色々とツッコミが入るような気がしますが。
シリーズ1 第三話 『大いなるゲーム』の中に出てきます。機会がありましたら、どうぞご覧になってみて下さい。

生年月日が1日違いでしたので親近感が湧き、メールを差し上げてしまいました。
(因みに 19××年 10月8日 A型です)
また、勉強をしに伺いますね。
 
 

はじめまして

 投稿者:うさぴーぬ  投稿日:2012年12月 8日(土)18時45分19秒
  皆様、はじめまして。うさぴーぬと申します。
写実絵画の参考にとフェルメールを今年のはじめからちょこちょこ調べています。ただ、自分は技術がないのであまり参考にはならないですが。
あと、メーヘレンの作品も気になります。フェルメールとメーヘレン、2人の展覧会があったら面白そうですね。

あと、フェルメールの作品で「言及されている」という作品はどこで見れるんですか?

 

「マルタとマリアの家のキリスト」の新情報

 投稿者:生江隆彦  投稿日:2012年 9月25日(火)15時32分10秒
   最近、フェルメールの唯一の宗教画「マルタとマリアの家のキリスト」のなかにも、ビザンティン・イコン以来の伝統的秘儀である賛歌の楽譜があるのを発見しました。

 歌詞はルカの福音書10章38‐41のなかの、
 “マリアはその良いほうを選んだのです。”
 “Maria enim optimam partem elegit.”
 フェルメールはオランダ語の歌詞を使っているかもしれませんが、一応、ラテン語の歌詞をつけておきました。

 私のフェイスブックの9月11日に、画像と楽譜を載せてありますので、ご興味があれば御覧下さい。近いうちに私の電子書籍に追加するつもりです。

 以上、お知らせまで。

9月25日 生江隆彦
 

ごんでございます

 投稿者:管理人@ごんメール  投稿日:2009年 3月16日(月)17時09分14秒
  ごんでございます。

ここの管理人でありながら、書き込みを行っておらず、
まことに恐縮でございます。

プライベートな事でありますが、現在、福井県に出張中でございます。
チョコチョコ京都にも訪れております。
今週は、金沢に訪問予定でございます。

さて、東京でもフェルメール関連の展覧会が開催中ですので、
下記に簡単にご案内します。

今回は「レースを編む女」が来日中です。

----------------------------------------------

【展覧会名】
ルーブル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

【会場】
国立西洋美術館(東京/上野公園内)

【開催期間】
2009年2月28日(土)~6月14日(日)

午前09:30~午後17:30
※毎週金曜日は20:00まで開館

【休館日】
毎週月曜日(05/04は開館)

【URL】
ttp://www.louvre2009.jp/index.html
(※上記のURLをアクセスする場合はURLの頭に「h」を入力してください。)

----------------------------------------------

期間も長いため、ついつい後伸ばしにして、
ギリギリになって行ってしまう人なので、
できるだけ4月には訪れたいものです。
 

国立西洋美術館

 投稿者:きょこ。  投稿日:2009年 3月15日(日)14時29分31秒
  のルーブル展に近々行きたいなと思ってます。フェルメールの絵見に。
去年、前にここのトップページだった「牛乳を注ぐ女」を見て、美しさのあまり絵から離れられませんでした。
ごんちゃんが何でフェルメールに魅せられてるのかやっと分かったよ。
 

はじめまして

 投稿者:Nick  投稿日:2008年12月29日(月)11時28分54秒
  管理人・ごん様、みなさん、はじめまして。Nickと申します。

フェルメールの絵画をすべて観ることを目標としており、これまで37枚中、28枚を展示されている美術館あるいは、美術展で観ることができました。最近では、ご承知の通り、上野のフェルメール展で、新たに4枚(ディアナとニンフたち、ワイングラスを持つ娘、手紙を書く婦人と召使い、ヴァージナルの前に座る若い女)の鑑賞を加えることができ、非常にうれしく思っています。海外での生活経験がありや、また仕事で海外出張が多いので、努めて美術館巡りをしており、積もり積もって、フェルメールはこれまで28枚の作品を目の当たりにすることができました。

イギリス・ロンドンに住んだ経験があり、その際には、英国にあるすべての絵画5点(ロンドン・ナショナル・ギャラリー2点、イギリス王室コレクション、ケンウッドハウス、スコットランド・ナショナル・ギャラリー1点)を鑑賞しました。

やはり、世界で保有点数が14点と最も多いアメリカには、出張で行くことが多いので、これまで、ボストンの行方不明の「合奏」と「聖プラクセディス」以外の12点はすべて観ることができました。

これまでで、非常に残念だったことは、2つあり、ひとつは、1991年にボストンのイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館を訪れたのですが、その前年の1990年に「合奏」が盗難にあっていたようで、その事実を知らずにボストンを訪問し、あてがはずれたことです。それと、もうひとつは、2000年に大阪市立美術館にフェルメールの作品が5点ほど来て、その中に青いターバンの女(真珠の耳飾りの少女)と地理学者と聖プラクセディスが含まれていたのですが、その時はちょうどロンドンに居ましたので、観ることができなかったことです。

 残すは、ドイツのベルリン絵画館の2点(真珠の首飾りの女とぶどう酒のグラス)、ドレスデンの2点(窓辺で手紙を読む女と取り持ち女)、フランクフルトの1点(地理学者)、マウリッツハイスの2点(青いターバンの女(真珠の耳飾りの少女)とデルフトの眺望)と「合奏」と「聖プラクセディス」です。実質的に、観ることができるのは、合奏を除いて8点の作品だと思いますが、ごんさんと競争(?)して、全作品踏破までがんばってみたいと思っています。

ごんさんのサイト「フェルメールの手紙」は非常によくできていて、すばらしいと思っています。フェルメール盗難事件簿とか、制作法をさぐるなんか、大変興味深く拝見しました。
当方は、まったくの素人ですが、機会があれば、ご専門の立場から、いろいろとお教えをいただければ幸いです。

ひとつ、質問ですが、今回のフェルメール展にも出展されましたが、ヴァージナルの前に座る若い女(個人所蔵)ですが、ごんさんの「フェルメールの全作品」から除外されているようですね。この作品は、真偽についていろいろと議論があったように思いますが、今では、フェルメールの作品とされていると認識していますが、ごんさんは、何かフェルメールの作品として含めない理由がおありなのでしょうか?
 

東京

 投稿者:管理人@ごんメール  投稿日:2008年 9月22日(月)14時25分34秒
  ごんでございます。

掲示板に姿を見せていなく、誠に恐縮でございます。

東京・上野にございます、東京都美術館で、
フェルメール展が開始中でございますが、
来月(おそらく)中旬に、伺う予定でございます。

東京に行くのは、実は去年12月以降なので、
色々を美術館めぐりをする予定でございます。

楽しんできますー。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:管理人@ごんメール  投稿日:2008年 1月 5日(土)23時24分6秒
  ごんでございます。

2008年を迎えることができました。
今年も引き続きどうかよろしくお願いいたいます。

>すぴさん
こちらこそどうか、よろしくお願いします。
昨年、新国立美術館でありました、フェルメール展ですが、早速観にいきました。
さすがに混んでいましたが、それでもじっくり観覧できたのではないかと思います。

次回観るであれば、アムステルダムだといいですね。

来月のフレンツェ旅行楽しんでくださいね!
 

寒いですねー。

 投稿者:すぴ  投稿日:2008年 1月 5日(土)21時51分28秒
  ごんさま、今年も宜しくお願いいたします。
「牛乳を注ぐ女」は夏にアムステルダムで至近距離で拝見しましたから今回は遠慮しました。まだまだ世界に散らばるフェルメールの作品が見たいのですが、英語圏に行くことに躊躇する私を笑ってください。
2月にはフィレンツェに行って来ます。テーマは「前回見れなかった絵を!」です。
 

牛乳を注ぐ女について

 投稿者:管理人@ごんメール  投稿日:2007年 9月26日(水)20時32分43秒
  ごんでございます。

いよいよ日本に来日ですね。意外にも日本国内では初公開だそうです。

>ボンヨウさん
 はじめまして、ここの管理人ごんでございます。よろしくお願いします。
 先日NHKのニュースで今回の展覧会について取り上げられておりましたね。もしかして、
 そのニュースですか?いきなり出たので少し驚きました。

 展覧会の件ですが、おそらく、観覧者対策で距離があるかもしれませんねぇ。。
 

レンタル掲示板
/11